[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヘビー級3冠ジョシュアのド迫力ワンツー決着 米記者は「年間最高KO候補だ」と評価

ボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチが12日(日本時間13日)、英ロンドンで行われ、WBA&WBO&IBF王者アンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のIBF1位クブラット・プレフ(ブルガリア)を9回KOで倒し、初防衛を達成した。最後は強烈なワンツーで沈めて決着。圧巻の幕切れをスポーツチャンネル「DAZN」がド迫力の動画付きで速報して拡散。米記者からは「年間最高KO候補」の声も上がっている。

初防衛に成功したアンソニー・ジョシュア【写真:AP】
初防衛に成功したアンソニー・ジョシュア【写真:AP】

コッピンガー記者の評価にファンの意見はさまざま

 ボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチが12日(日本時間13日)、英ロンドンで行われ、WBA&WBO&IBF王者アンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のIBF1位クブラット・プレフ(ブルガリア)を9回KOで倒し、初防衛を達成した。最後は強烈なワンツーで沈めて決着。圧巻の幕切れをスポーツチャンネル「DAZN」がド迫力の動画付きで速報して拡散。米記者からは「年間最高KO候補」の声も上がっている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 鮮烈なインパクトをロンドンから世界に届けた。序盤からダウンを奪うなど、試合を優位に進めたジョシュア。フィナーレは9回だ。疲れが見えるプレフに対し、ワンツーを仕掛ける。右ストレートが顔面にクリーンヒット。プレフは無残に仰向けで大の字になって倒れた。なんとか体を起き上げたものの、リングに膝をついたまま、10カウントを聞く。ジョシュアの強さが際立つKO勝ちだった。

「コブラ」の異名を持つ39歳のプレフとはこれまでも試合が組まれながら、17年はプレフの故障、今年6月は新型コロナウイルスの影響で延期になっており、ようやく実現した一戦だった。試合後、ジョシュアは圧巻の幕切れのシーンをリングサイドからとらえたスローモーション映像を自身のツイッターで紹介。これに米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者が反応した。

「年間最高KO候補をもう一つ」とし、それほどインパクトのある結末だったと評価。しかし、ファンからは「その価値はないな」「候補は2つに絞られる。(ホセ・)セペダか(アレクサンデル・)ポベトキンだ」「いや、タンク(ガーボンタ・デービス)かポベトキンだ」「このKOはデービスVSレオ(・サンタクルス)やポベトキンVS(ディリアン・)ホワイトほどじゃない」などと思い思いに声を上がり、議論を交わしていた。

 いずれにせよ、ヘビー級らしい豪快な結末は多くのファンの視線を釘付けにしたことには違いない。2021年にはWBC同級王者タイソン・フューリー(英国)との4団体統一戦も期待されるジョシュア。その破壊力を来年のリングでも発揮することを期待したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集