[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷正義、大逆転KOに権威ある米リング誌も称賛「ロペス戦の再戦チャンスを手にした」

ボクシングのWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦が12日(日本時間13日)、米ラスベガスで行われ、WBO世界同級14位の中谷正義(帝拳)が同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ち。2度のダウンを奪われながら、最後は強烈な右ストレートで大逆転を演じ、1年5か月ぶりの復帰戦を飾った。試合を主催したトップランク社は決着シーンで動画付きで速報。また、権威ある米専門誌「ザ・リング」も記事を掲載し、試合を伝えている。

1年5か月ぶりの復帰戦をKO勝ちで飾った中谷正義【写真:Getty Images】
1年5か月ぶりの復帰戦をKO勝ちで飾った中谷正義【写真:Getty Images】

聖地ラスベガスで戦ったベルデホ戦を特集

 ボクシングのWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦が12日(日本時間13日)、米ラスベガスで行われ、WBO世界同級14位の中谷正義(帝拳)が同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ち。2度のダウンを奪われながら、最後は強烈な右ストレートで大逆転を演じ、1年5か月ぶりの復帰戦を飾った。試合を主催したトップランク社は決着シーンで動画付きで速報。また、権威ある米専門誌「ザ・リング」も記事を掲載し、試合を伝えている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 米メディアも目を見張る復活劇&逆転劇だった。初回、4回にダウンを喫し、劣勢となった中谷。しかし、不屈の31歳は決して諦めない。9回だ。1分20秒、相打ちで放った左ジャブでダウンを奪うと、一気に勢いに乗った。再開後に一気に距離を詰めると、強烈な右ストレートを一閃。顔面を捉えられたベルデホはリングに突っ伏すようにうつ伏せに倒れた。審判はノーカウントで試合をストップ。鮮烈な逆転KOとなった。

 試合を主催した米興行大手・トップランク社は最初のダウンから決着までのシーンを公式ツイッターに動画付きで公開。「オー・マイッ!!! マサヨシ・ナカタニが9ラウンドの凶暴なフィニッシュで完全カムバック」と称え、米ファンに鮮烈なインパクトを残していたが、リング誌も試合後に記事を掲載。試合について振り返っている。

 中谷が昨年7月に敗れたテオフィモ・ロペス(米国)に対して「もう一度、戦いたい」と意欲を燃やしたことなどをレポート。その上で決着シーンについては「9回にベルデホは疲れ果て崩れ落ちた。フラフラだった。ナカタニはドンピシャのパワージャブを見舞い、彼をダウンした」「続けてナカタニの強烈な一撃が顔面にヒットすると、ベルデホは再び倒れ込んだ」とインパクトを描写した。

 また、本人が口にしたロペスとの再戦についても言及。「ナカタニが外国で戦うのはこれが2度目だった。初めての試合は昨年7月で、はるか遠いメリーランドで現王者テオフィモ・ロペスと戦った。彼はロペスとの戦いを願うだろうし、今夜のパフォーマンスを見れば、間違いなくそれ(再戦の権利)を手にしている」と評し、31歳にとっての雪辱チャンスが訪れる可能性は十分とした。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集