[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部一二三が誇る勝因 “歴史的24分”で崩れなかった「自分の柔道」と「冷静さ」

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、23歳の阿部一二三(パーク24)が27歳の丸山城志郎(ミキハウス)に24分の死闘の末、優勢勝ち(大内刈り)した。日本柔道初のワンマッチ方式で激突した新旧世界王者。歴史的ライバル対決を制し、たった1つの五輪切符を初めて手にした阿部は、勝因の一つに「冷静さ」を挙げた。ともに金メダル候補とされた2人の対戦成績は4勝4敗。

24分の死闘の末、丸山城志郎を下した阿部一二三【写真:全日本柔道連盟提供】
24分の死闘の末、丸山城志郎を下した阿部一二三【写真:全日本柔道連盟提供】

長い人生の大きな分岐点となった24分間、阿部一二三「ひとシーンも忘れられない」

 柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、23歳の阿部一二三(パーク24)が27歳の丸山城志郎(ミキハウス)に、優勢勝ち(大内刈り)した。日本柔道初のワンマッチ方式で激突した新旧世界王者。歴史的ライバル対決を制し、たった1つの五輪切符を初めて手にした阿部は、勝因の一つに「冷静さ」を挙げた。ともに金メダル候補とされた2人の対戦成績は4勝4敗。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 限界を超えた死闘を勝ち切った。互いに一歩も譲らない展開。最後は阿部が大内刈りを仕掛けたシーンが技ありとなった。敗者は悔し涙。顔をくしゃくしゃにした勝者の頬にも、嬉し涙がつたった。「ひとシーンも忘れられないような戦いになった」。長い人生の大きな分岐点となる24分間。夢の五輪金メダルへ、最大の壁を乗り越えた。

「本当に長い試合になったけど、集中力を切らさず、前に行く柔道、掛けに行く柔道をできた。本当にいろんな感情が試合の前からたくさんあったけど、試合当日は『もうやるしかない』と。それだけでした。気持ちを切らさずに自分を信じて自分の柔道を貫き通した結果だと思います。(想像とは)違う組手もあったけど、その中でも冷静に対処できた。自分の柔道を崩されなかった。前に出る柔道を貫くのが一番ですけど、その中でも冷静になれたのが勝因だと思います」

 過去7戦のうち6度延長に突入するほどの強烈なライバル関係。互いに手の内を知る。無観客試合の畳の上は、中継に息づかいが聞こえるほど静かだった。序盤に丸山が内股を仕掛けるが決まらない。阿部も果敢に投げに行った。残り1分27秒で丸山に指導。あっという間に息詰まる4分間の激闘を終え、ゴールデンスコア方式の延長に突入した。

 延長開始32秒、丸山が肩車を打つ。阿部が積極的に仕掛ける中、同1分50秒で再び丸山に指導がついた。直後に阿部にも指導。丸山は得意の巴投げを狙ったが、うまく入らなかった。この時点で本戦と合わせて10分を超える激闘。両者とも疲労が見え始めたが、譲るわけにはいかない。

「(丸山と)今まで試合をしてきて、展開ごとに良いシーン、悪いシーンがあった。ちょっと引いたシーン、前に出られたシーンがあった。今回はそういうものも冷静に見て判断できていた。自分がしっかり出ないといけない時間、相手が来ている時にしっかりと耐え切る時間もあって、しっかりと対応できた。冷静に自分の柔道ができたことが一番大きかったと思います」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集