[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷正義と対戦 27歳王者候補の“足に来るフック”に米再衝撃「最高のフィニッシュ」

ボクシングの前東洋太平洋ライト級王者・中谷正義(帝拳)が12日(日本時間13日)にWBOインター王座決定戦でIBF世界同級5位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)と米ラスベガスで対戦する。中谷にとっては昨年7月にテオフィモ・ロペス(米国)に判定負けして以来の再起戦となる。一方のベルデホは次世代のチャンプ候補と目されてきた存在だ。プロモートするトップランクは7月の初回KO勝ちに改めてフィーチャー。豪快なフックの連打で相手をキャンバスに大の字にするシーンを動画付きで公開している。

フェリックス・ベルデホ【写真:Getty Images】
フェリックス・ベルデホ【写真:Getty Images】

日本時間13日、中谷と対戦するベルデホの前戦にトップランクが脚光

 ボクシングの前東洋太平洋ライト級王者・中谷正義(帝拳)が12日(日本時間13日)にWBOインター王座決定戦でIBF世界同級5位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)と米ラスベガスで対戦する。中谷にとっては昨年7月にテオフィモ・ロペス(米国)に判定負けして以来の再起戦となる。一方のベルデホは次世代のチャンプ候補と目されてきた存在だ。プロモートする米興行大手・トップランク社は7月の初回KO勝ちを改めてフィーチャー。豪快なフックの連打で相手をキャンバスに大の字にするシーンを動画付きで公開している。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 中谷にとって間違いなく難敵だ。ベルデホは初回、ウィル・マデラを一気にロープ際まで追い込むと、首が飛びそうなアッパーをお見舞い。これは間一髪かわされたが、さらに左から右のフックを連打。右フックが完全に顔面を捉え、さらに追撃を繰り出そうとするも、マデラはキャンバスに崩れ落ちた。

 ダウンした後、頭がロープの外に出てしまうほどの衝撃。何とか立ち上がろうとするマデラだが、足元がおぼつかない。何とかロープを頼って体を起こすが、カウントアウトで試合終了。ベルデホの強さだけが際立つ初回KOだった。

 様々な角度から映し出されたKOシーンを、トップランクは公式ツイッターで「全ての角度から。現代のテクノロジーが、フェリックス・ベルデホの鮮烈な7月のKOを事実上すべての角度から追体験することを可能にする」と記して動画付きで公開。米ファンは再度衝撃を受けている。

「タイソンのパンチみたいだ」
「エル・ディアマンテが返ってくる」
「このパワーを見よ」
「凄いな」
「綺麗だ」
「最高のフィニッシュだ」

 世界を目指せると言われてきたベルデホだが、2018年の敗戦で世界戦線から一時は後退。そこから4連勝で再び上昇してきた。プエルトリカンにとっても、中谷戦は絶対に負けられない一戦となる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集