[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、全米記者協会のPFP3位に浮上 記者投票で143票獲得…クロフォードに肉薄

権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高めているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。米経済誌「フォーブス」では最新の全米ボクシング記者協会(BWAA)選定のPFPを公開。モンスターは4位から3位に昇格している。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

新型コロナ影響で4月以来の更新、ロマチェンコが急落

 権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高めているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。米経済誌「フォーブス」では最新の全米ボクシング記者協会(BWAA)選定のPFPを公開。モンスターは4位から3位に昇格している。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 毎年恒例の年間表彰でも知られるBWAA。昨年度の「年間最高試合」にはワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝の井上―ノニト・ドネア(フィリピン)を選出していた。今回、最新版のPFPを発表。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4月以来の更新となったランキングには大きな変化が生じていた。

 記事では「前回のBWAAのPFPリストでは、ロマチェンコはカネロ・アルバレスに次いで、2位だった。ロペスは1票も手にしていなかった。今や、ロペスはアルバレス、テレンス・クロフォード、ナオヤ・イノウエ、そして、エロール・スペンスがBWAA会員のリストで上位にいるだけ。ロマチェンコは7位に転落した」と報じている。

 10月17日の世界ライト級4団体統一戦で判定勝利を収めたテオフィモ・ロペス(米国)が圏外から5位にジャンプアップする一方で、敗れたワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は2位から7位にダウンした。

 ロマチェンコ転落の間隙を縫ったのはWBOウェルター級世界王者のテレンス・クロフォードと、エロール・スペンスJr.(ともに米国)だった。ケル・ブルックを破ったクロフォードは3位から2位に上昇。スペンスもダニー・ガルシア戦の完勝で5位から4位に浮上した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集