[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本当に同じ階級? 198cm70kg、規格外ボクサーの“凸凹写真”に大反響「不公平だ!」

米テキサス州で5日(日本時間6日)に行われたボクシングのスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦で、セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ちした。フンドラはこの階級では規格外と言える身長198センチ。相手との体格差があまりにも大きいと分かる写真を英記者が公開すると、海外ファンからは驚きの声が上がっていたが、「不公平だ!」「リーチも全然違う」などと反響はさらに拡大している。

198センチの長身、セバスチャン・フンドラ【写真:AP】
198センチの長身、セバスチャン・フンドラ【写真:AP】

フンドラがリング上で相手と対峙した写真が反響拡大「冗談だろ」

 米テキサス州で5日(日本時間6日)に行われたボクシングのスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦で、セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ちした。フンドラはこの階級では規格外と言える身長198センチ。相手との体格差があまりにも大きいと分かる写真を英記者が公開すると、海外ファンからは驚きの声が上がっていたが、「不公平だ!」「リーチも全然違う」などと反響はさらに拡大している。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 まるで大人と子どもの対戦だ。身長198センチのフンドラが相手とリング上で対峙した写真。見下ろされたアメドの頭は、黒のグラブを付けたフンドラの胸の辺りの高さに位置しており、身長は頭1つ、いや2つ分違うようにも見える。アメドは183センチだが、腕、足も圧倒的にフンドラが長いようだ。

 実際の写真2枚を、英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者が自身のツイッターに公開。文面で「『そびえ立つ地獄』ことセバスチャン・フンドラは昨夜のスペンス対ガルシアの前座に登場し、無敗をキープ。6フィート6インチのスーパーウェルター級の22歳の男だ」と紹介している。

 1年3か月ぶりの試合となった米国のスター選手の一人、エロール・スペンスJr.の試合の前座として行われた一戦では、ガードの上からお構いなしに攻めて2回TKO勝ちを収めたフンドラ。海外ファンからは「どうやって体重を作っているんだ」などと驚きの声が上がっていたが、反響はさらに拡大している。

「多くの人が彼にバスケに挑戦しろと言ったはずだね」
「アメドは彼の膝と戦っている」
「冗談だろ」
「高さもリーチも全然違うじゃないか」
「6フィート6インチのスーパーウェルター級の選手…なるほど」
「不公平だ!」

 リーチ203センチのフンドラは、プロスペクトの1人として名前が挙がる存在。これで17戦16勝(11KO)1分とデビュー以来の無敗をキープしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集