[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーにリスクあり YouTuberとの23kg体重差を米不安視「こんなのおかしい」

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)がインスタグラムを更新。来年2月20日にこれまで挑発を受けてきたお騒がせYouTuberローガン・ポール(同)と対戦することを発表した。米メディアも一斉に報じるなど大きな注目を集めそうな一戦だが、問題になりそうなのは両者の体格差だ。米記者が疑問視すると、米ファンからも不安視する声が続出している。

フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

お金のためなら何でもあり? 米記者は体重差を疑問視

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)がインスタグラムを更新。来年2月20日にこれまで挑発を受けてきたお騒がせYouTuberローガン・ポール(同)と対戦することを発表した。米メディアも一斉に報じるなど大きな注目を集めそうな一戦だが、問題になりそうなのは両者の体格差だ。米記者が指摘すると、米ファンからも不安視する声が続出している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 50戦無敗のレジェンド王者と、25歳のカリスマYouTuberという異色のマッチアップ。詳細なルールなどの発表はこれからのようだが、ペイパービュー(PPV)で中継されるようですでに販売が開始されている。

 不安視されているのは両者のサイズの違いだ。173センチのメイウェザーに対して、ポールは188センチ。15センチもの身長差に加えて、体重は約50ポンド(約22.67キロ)も違うというのだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」のアリエル・ヘルワニ記者は「『スペシャル・エキシビション』と呼ばれている。しかしメイウェザーがマクレガーと戦った時の体重は149.5ポンドだったが、ポールがKSIと再戦した時の体重は199.4ポンドだ」とツイートしている。

 メイウェザーの149.5ポンド(約67.8キロ)は2017年のコナー・マクレガー戦当時のものだが、一方のポールが昨年ボクシングのリングに上がった際は199.4ポンド(約90.4キロ)。階級差で言えばスーパーウェルター級とクルーザー級で4階級も違うことになる。

 この投稿に米ファンからは「メイウェザーはリスクあるな」「こんなのおかしい。ただの金の奪い合いだ」「ボクシングはサーカスじゃないんだぞ」「アドバンテージはローガンにあるな」「フロイドのキャリアが傷つけられるかもしれない」「メイウェザーは不利な条件を飲まないといけないほどお金に困っているのか?」「フロイド、戦っちゃだめ」などと不安視する声が多数上がっている。

 1週間後の2月28日には東京ドームで行われる格闘技イベント「MEGA2021」で日本のリングに上がることが発表されていたメイウェザー。ボクシングキャリアは雲泥の差とは言え、“マネー”(金の亡者)はどんなファイトをイメージしているのだろうか。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集