[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】失神した選手に体を投げ出して… レフェリーの“神判断”に称賛「否定する者いない」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はタイ発祥の格闘技「ムエタイ」で生まれた衝撃シーン。肘打ちで選手が失神してリングに倒れたが、レフェリーの好判断で後頭部の強打を免れた。動画が話題を呼び、海外メディアでも「否定する者は誰もいない」などと称賛されていた。

選手がノックアウトされた瞬間、レフェリーは……(写真はBBCスポーツより)
選手がノックアウトされた瞬間、レフェリーは……(写真はBBCスポーツより)

「スポーツ界の名珍場面総集編」―2月、失神した選手の頭部を守ったレフェリー

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はタイ発祥の格闘技「ムエタイ」で生まれた衝撃シーン。肘打ちで選手が失神してリングに倒れたが、レフェリーの好判断で後頭部の強打を免れた。動画が話題を呼び、海外メディアでも「否定する者は誰もいない」などと称賛されていた。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 KOの衝撃以上に、レフェリーの見事な判断にも注目が集まっていた。2月にカンボジアで行われたムエタイの試合。2回にネイマール・パエミンバリー(タイ)が、ソー・ソラバサナ(カンボジア)の右肘を顎にモロに食らった。意識を失ったパエミンバリーは棒立ちのまま後ろへ倒れる。次の瞬間だ。レフェリーも間髪入れず倒れ込み、咄嗟に右腕を伸ばしてパエミンバリーの後頭部を守ったのだ。

 もし頭をキャンバスに打ち付けていれば、さらなる負傷に繋がっていた可能性もあった。レフェリーの好判断の動画を英公共放送「BBC」が公式ツイッターで公開。ロシア放送局「ロシア・トゥデー」も記事でこうつづっていた。

「特に格闘技において、レフェリングは報われない仕事だ。試合をストップさせるのが早すぎた、または遅すぎたなどとファンからよく批判を受けるからだ。しかし、今回の選手を守った行為を否定する者は誰もいないだろう」

 レフェリーが批判を浴びることはあるが、称賛を浴びるケースは多いとは言えない。選手にとっても感謝しきれない“神判断”だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集