[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「奇跡」で迎えた渋野日向子の最終戦 5打差大逆転Vへ闘志消えず「まだわからない」

女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第3日が28日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。2打差の2位で出た渋野日向子(サントリー)は2バーディー、4ボギーの74で回って通算5アンダー。首位の原英莉花(日本通運)に5打差の6位に後退した。優勝は厳しくなったが「まだわからない。諦めない」と最後まで戦い抜く気概を見せた。

5打差の6位に後退した渋野日向子【写真:Getty Images】
5打差の6位に後退した渋野日向子【写真:Getty Images】

2020年国内ツアー最終戦第3日、渋野日向子は大逆転Vへ「自分らしくやれたら」

 女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第3日が28日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。2打差の2位で出た渋野日向子(サントリー)は2バーディー、4ボギーの74で回って通算5アンダー。首位の原英莉花(日本通運)に5打差の6位に後退した。優勝は厳しくなったが「まだわからない。諦めない」と最後まで戦い抜く気概を見せた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 渋野は前半3番でバーディーを奪ったが、直後の4番でボギー。8番でも1つ落とすと、後半10番でもボギーを叩いた。それでも、14番ではエッジからのアプローチを入れてチップインバーディー。佐藤賢和キャディーと笑顔でハイタッチを交わした。ラウンド後はこう語った。

「終わってみればよく耐えたんじゃないかと思います。この風の中でなかなか対応できなかったので悔しい気持ちも……。なかなか風とお友達になれないというか、流されてラフに行くことも多かった」

 大会前にキャディーと掲げた1日3アンダーの目標は、この日で途切れ「この状況で3つというのは難しい」と悪条件に苦戦。同じ1998年度生まれの黄金世代・原とは5打差がついた。「ある程度のスコアを出せないと上には届かない。そうやって欲を出したいところもあるんですけど、やっぱり今自分ができることをしっかりやるしかないと思うので、そこは徹底していきたい」と自分のプレーに集中する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集