[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐蔭学園、延長劇的PK弾で3年ぶり10度目の全国切符 指揮官「もっと鍛えて成長を」

第99回全国高校サッカー選手権の神奈川県大会は28日、三ツ沢球技場で決勝が行われ、桐蔭学園が延長の末に3-2で桐光学園を破り、3年ぶり10回目の全国大会出場を決めた。他の都道府県大会は終了済み。最後の一枠が埋まり、すべての出場校が決定した。桐蔭学園は、12月31日の1回戦で東福岡(福岡)と対戦する。

主将の中島駿乃介(中央左)【写真:平野貴也】
主将の中島駿乃介(中央左)【写真:平野貴也】

最後の一枠争い、桐蔭学園が延長3-2で桐光学園撃破

 第99回全国高校サッカー選手権の神奈川県大会は28日、三ツ沢球技場で決勝が行われ、桐蔭学園が延長の末に3-2で桐光学園を破り、3年ぶり10回目の全国大会出場を決めた。他の都道府県大会は終了済み。最後の一枠が埋まり、すべての出場校が決定した。桐蔭学園は、12月31日の1回戦で東福岡(福岡)と対戦する。

 2度追いつかれる苦しい試合を勝ち切り、桐蔭学園の主将・中島駿乃介(3年)は「点を取っても踏ん張り切れずに取り返されて甘さが出たが、最後はしっかり粘って勝ち切れて良かった。東福岡は有名でとても強いチームだと思いますけど、全国で簡単に勝てるとは思っていません。相手が有名でチームの士気は上がるし、油断もないと思うので、良い準備をして全国優勝という目標に向かっていければいいと思います」と、出場権をつかみ取った全国大会でのさらなる飛躍を誓った。

 桐蔭学園は、先発の半分にあたる5人が2年生。要所を締める3年生と、個の特徴を生かす2年生がうまく噛み合った。試合の立ち上がりは、FW立石宗吾(2年)がゴールを奪った。前半6分、右サイドからのパスを受けると、迷わず前に進んでシュート。「ボールをもらったら、すぐにゴールへ向かうことは常に意識しています。(周りに良い状態の)味方がいれば(パスでも)いいですけど、自分が決めるという思いでやっています。なかなかチャンスは来ないだろうと思っていたので、思い切って足を振ったら、入ったので良かったです」という一発でチームに勢いを与えた。

 後半の立ち上がりにセットプレーから空中戦で競り負けて同点ゴールを許したが、直後に今度は3年生が苦境を救った。右DF中島のフィードに10番の長澤圭剛(3年)が抜け出してゴールを奪い、再び勝ち越した。それでも、後半15分には桐光学園のコンビネーションアタックを防ぎきれず、またも同点。終盤は、桐光学園のパワープレーに苦しめられたが、主将の中島が味方に声をかけて相互のカバーリングを機能させて耐え凌いだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集