[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、229.51点でGP初V 3A決めた樋口新葉2位&ジュニア女王の松生理乃が大健闘3位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は28日、大阪の東和薬品ラクタブドームで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の坂本花織(シスメックス)が153.91点をマーク。合計229.51点でGP初優勝となった。

坂本花織【写真:Getty Images】
坂本花織【写真:Getty Images】

NHK杯女子、日本勢11人&韓国勢1人の12選手が出場

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は28日、大阪の東和薬品ラクタブドームで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の坂本花織(シスメックス)が153.91点をマーク。合計229.51点でGP初優勝となった。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 27日のSPでは75.60点を記録していた坂本。この日は冒頭のダブルアクセルを決めると、続く連続ジャンプも成功。後半もほぼミスなく演じ、フィニッシュ後はガッツポーズ。18年全日本選手権女王が貫禄を示した。

 坂本は競技後のインタビューで「とても緊張したが、練習通りの成果が見せられてよかった。取りこぼしがなければ(合計)230点は超えられる。全日本ではパーフェクトな演技ができるようにしたい」とコメント。「レベルアップできるところはたくさんある。ステップやスピンもジャンプと同じくらい練習しないといけない」と話した。

 フリーで見事なトリプルアクセルを決めた樋口新葉が2位、全日本ジュニア女王の松生理乃(中京大中京高)が大健闘の3位となった。体調不良から2シーズンぶりに復帰した三原舞依(シスメックス)は合計194.73点で4位。本田真凜(JAL)は合計162.57点で9位。海外勢唯一の出場となった今年の4大陸選手権2位のユ・ヨン(韓国)は合計181.73点で7位だった。

 今季は新型コロナウイルスの影響により、1人1大会、開催国・近隣国・練習拠点国に出場が限定され、日本勢11人、韓国勢1人が出場している。

【NHK杯女子全結果】

1位 坂本花織(日本)229.51点
2位 樋口新葉(日本)200.98点
3位 松生理乃(日本)198.97点
4位 三原舞依(日本)194.73点
5位 山下真瑚(日本)186.13点
6位 河辺愛菜(日本)185.70点
7位 ユ・ヨン(韓国)181.73点
8位 横井ゆは菜(日本)176.49点
9位 本田真凜(日本)162.57点
10位 川畑和愛(日本)162.24点
11位 荒木菜那(日本)162.15点
12位 浦松千聖(日本)162.14点

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集