[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジュニアの16歳松生理乃が大健闘4位 ISU公式など海外称賛「輝かしいパフォーマンス」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が27日、大阪の東和薬品ラクタブドームで開幕。女子ショートプログラム(SP)では全日本ジュニア女王の松生理乃(中京大中京高)が65.74点をマーク。4位につける躍進を見せた16歳に、海外からも「大阪で輝かしいパフォーマンス」などと称賛の声が寄せられている。

松生理乃(写真は19年9月)【写真:Getty Images】
松生理乃(写真は19年9月)【写真:Getty Images】

65.74点をマーク、1番滑走で堂々の演技

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が27日、大阪の東和薬品ラクタブドームで開幕。女子ショートプログラム(SP)では全日本ジュニア女王の松生理乃(中京大中京高)が65.74点をマーク。4位につける大健闘を見せた16歳に、海外からも「大阪で輝かしいパフォーマンス」などと称賛の声が寄せられている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 1番滑走で堂々の演技を見せた。ピンクと紫の衣装で大舞台に臨んだ松生。冒頭から3回転ルッツ、ダブルアクセルを成功。後半では3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプを見事に決めた。演技を終え、リンクを降りると安堵の笑顔を浮かべた。緊張するトップバッターで65.74点をマークし、存在感を見せつけた。

 GPシリーズで躍進したジュニア女王に、海外からも称賛が送れている。国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターは、演技冒頭で軽やかに滑る松生の動画を公開。文面では「なんというスタートだ! リノ・マツイケは大阪で始まったショートプログラムで、輝かしいパフォーマンスを見せた」とつづられている。

 また、米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏も自身のツイッターで「競技会の始まりを飾るファンタスティックな滑りだ。マツイケによるとても流れるようなジャンプ」と注目し、16歳の演技を称えていた。28日のフリーではSP首位の坂本花織(シスメックス)ら先輩スケーターと同じ第2組で滑る松生。さらなる躍進を狙う。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集