[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジェームズが激怒 “1082試合目の初退場”に米騒然「こんなの見たことがない」

米プロバスケットボールのNBAで、キャバリアーズのレブロン・ジェームズがプロ15年目で自身初の退場処分を受けた。28日(日本時間29日)のヒート戦の第3クォーターに2つのテクニカルファウルを取られた。温厚で知られる32歳の「キング」が通算1082試合目に訪れた退場劇に米メディアも続々速報。“歴史的瞬間”も動画付きで紹介され、ファンから「こんなの見たことない」「信じられない」と騒然としている。

ヒート戦で判定に猛抗議、32歳&15年目で初退場…米メディア速報&ファン騒然

 米プロバスケットボールのNBAで、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズがプロ15年目で自身初の退場処分を受けた。28日(日本時間29日)のヒート戦の第3クォーターに2つのテクニカルファウルを取られた。温厚で知られる32歳の「キング」が通算1082試合目に訪れた退場劇に米メディアも続々速報。“歴史的瞬間”も動画付きで紹介され、ファンから「こんなの見たことない」「信じられない」と騒然としている。

「キング」にまさかの瞬間が訪れた。93-70と大きくリードした第3クォーターの残り2分だった。

 ドリブルで攻め上がったジェームズは、ジャンプシュートを放つ直前、相手に体をぶつけられた。放ったシュートは外れたが、笛はなし。相手がリバウンドを取った次の瞬間だった。判定に納得がいかなかったジェームズは、サイドライン際にいた主審に大きなジャスチャーを見せながらにじり寄り、何やら大声で言葉を吐く素振りを見せた。

 直後、主審はテクニカルファウルを宣告。それでも、ジェームズは引き下がらず、主審は2つめのテクニカルファウルを告げ、退場をコールしてしまった。騒然とする会場。ジェームズは納得いかなかったのか、怒りの形相で二言、三言、言葉を浴びせた。味方にたしなめられ、主審から離れたが、コートを横切って去りながら、何度も声を上げ、収まらない感情を爆発させていた。

 6反則は過去にあるが、テクニカルファウルでは15年目で初の退場。NBAを代表するスターの“珍事”に米メディアも騒然となった。スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」は動画付きで“歴史的瞬間”を速報。映像を見ると、何度も不満の態度を見せたジェームズは悔しさを押し殺した表情で出て、最後はうつむきながらロッカーに戻っていく場面でまで収められている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集