[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、今季国内ベスト「68」で連覇へ好発進 「あー今日は…45点くらいです(笑)」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン初日は19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。前週22歳となった渋野日向子(サントリー)は、3バーディー、ボギーなしで国内では今季自己ベストスコアとなる「68」をマーク。ホールアウト時点で暫定5位と、連覇へ向けて好発進を決めた。暫定首位は6アンダーで19歳笹生優花、20歳西村優菜、20歳古江彩佳の3人が並んでいる。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディスオープン初日、渋野は連覇へ向けて好発進

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン初日は19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。前週22歳となった渋野日向子(サントリー)は、3バーディー、ボギーなしで国内では今季自己ベストスコアとなる「68」をマーク。ホールアウト時点で暫定5位と、連覇へ向けて好発進を決めた。暫定首位は6アンダーで19歳笹生優花、20歳西村優菜、20歳古江彩佳の3人が並んでいる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 インスタートの渋野は15、17番でバーディー。後半のアウトでも7番で6メートルを沈めバーディーを奪い3つスコアを伸ばした。ノーボギーは今月8日のTOTOジャパンクラシック最終日以来、今季2度目だ。

 ホールアウト後、オンライン会見に臨んだ渋野は「個人的にはノーボギーで回れて良かったかなと、パッティングでシビアな距離を外すことがなかったので、そこはすごく良かったです。ティーショットはラフに入れることが多くて、パーオンの回数も少なかったですが、しっかりとパーパットを決められたのが多かったので、そこに関してはパッティングですね。すごく救われました」と苦しんできたグリーン上でスコアメイクできたことに胸をなで下ろしていた。

 右足裏を痛めている渋野。途中、右足の踵付近に靴擦れが出来るアクシデントにも見舞われ、足を引きずるようなシーンもあったが「痛いなりにショットを打てていたので良かったです」とにっこり。2日目へ向けては「最近は2日目に落として順位を下げることが多かった。それをしないように粘り強いゴルフをしたいです」と力を込めた。

 また恒例の自己採点を問われると「あー今日は……パットはめっちゃ良かったですけど、ショットが荒れていたので45点くらいです(笑)」と笑顔で振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集