[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

UFCが「年間最高KO候補」と絶賛 23歳新鋭の前蹴り失神KOに米戦慄「ヤバッ!」

米国最大の総合格闘技「UFC」は4日(日本時間5日)、コンテンダーシリーズを開催。ウェルター級マッチではイグナシオ・バハモンデス(チリ)がエドソン・ゴメス(メキシコ)に2回KO勝ち。最後は右の前蹴りで相手を失神させる戦慄のKOシーンをUFCが「年間最高KO候補」として動画付きで公開すると、米ファンには「ヤバッ!」「むごい!」などと衝撃が広がっている。

イグナシオ・バハモンデス【写真:Getty Images】
イグナシオ・バハモンデス【写真:Getty Images】

コンテンダーシリーズでバハモンデスが前蹴りで一撃KO

 米国最大の総合格闘技「UFC」は4日(日本時間5日)、コンテンダーシリーズを開催。ウェルター級マッチではイグナシオ・バハモンデス(チリ)がエドソン・ゴメス(メキシコ)に2回KO勝ち。最後は右の前蹴りで相手を失神させる戦慄のKOシーンをUFCが「年間最高KO候補」として動画付きで公開すると、米ファンには「ヤバッ!」「むごい!」などと衝撃が広がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 なかなか見られないようなド派手なKOシーンだ。2ラウンドの中盤、バハモンデスは左のジャブから右の前蹴りを繰り出した。顔面をもろに捉えると、ゴメスは卒倒。仰向けに倒れ大の字になった。失神しているようで、右足だけぐにゃりと折れ曲がっているのがなんとも衝撃的だ。

 一撃で相手の意識を刈り取ったKOシーンを、UFCは公式インスタグラムで「気絶。イグナシオ・バハモンデスの年間最高KO候補」と動画付きで脚光。これに米ファンも戦慄しているようで、「彼と契約しろ」「ヤバッ」「むごい!」「素晴らしい!」「アンデウソン・シウバ2.0」「オーマイガー」などとコメント欄は大盛り上がりだった。

 バハモンデスは23歳の新鋭ファイター。UFC本戦の契約を勝ち取るためのコンテンダーシリーズで、大きなインパクトを残して見せた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集