[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSマロニー、忠実な“フェイスオフ漫画”に海外興奮「ヤバい、かっこいい」

ボクシングのWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が、大一番を前に試合を“PR”している。31日(日本時間11月1日)にWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦。インスタグラムでアメコミ風のフェイスオフ画像を公開すると、海外ファンから「ヤバい、かっこいい」と脚光を浴びている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥とマロニーが“火花”、筋肉やトランクスも忠実に再現

 ボクシングのWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が、大一番を前に試合を“PR”している。31日(日本時間11月1日)にWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦。インスタグラムでアメコミ風のフェイスオフ画像を公開すると、海外ファンから「ヤバい、かっこいい」と脚光を浴びている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 早くも“対面”した。マロニーはアメコミ風の画像を公開。そこにはフェイスオフをする2人が描かれている。井上の金髪、頬の陰影や筋肉の盛り上がり具合も忠実に再現。眉毛がつり上がり、マロニーと近距離で向かい合っている。左下には井上が左ボディーを放った瞬間、右下にはマロニーが右拳を当てるシーンがある。

 画像を公開したマロニーは文面に「最高の選手になるには、最高の選手を倒さないといけないkronkAAArtによる素晴らしい作品!」と投稿。パリを拠点に活動するボクシング専門イラストレーター「kronkAAArt」が描いたもののようだ。

 米専門誌「ザ・リング」の2020年4月号で表紙を飾ったことのあるイラストレーターの1枚に、海外ファンからは「ヤバい、かっこいい」「素晴らしいね。試合が待ちきれない」「KOするんだ!」「この試合見ないとね」とコメントが集まっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集