[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

試合枯れリゴンドーがドネアに挑戦状 「忘れるな。全ての道はリゴンドーに通ず」

ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は次戦の決まらない状況に嘆いていたが、今度は2013年のスーパーバンタム級時代の王座統一戦で激突した元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)に挑戦状。「忘れるな。スーパーフライ級からスーパーバンタム級の全ての道はリゴンドーに通ず」と名言を披露している。フィリピン地元メディア「インクワイアー」が報じている。

ノニト・ドネア(左)とギジェルモ・リゴンドー【写真:荒川祐史、Getty Images】
ノニト・ドネア(左)とギジェルモ・リゴンドー【写真:荒川祐史、Getty Images】

ウーバーリ戦後、転級を視野に入れるドネアとの対戦に意欲

 ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は次戦の決まらない状況に嘆いていたが、今度は2013年のスーパーバンタム級時代の王座統一戦で激突した元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)に挑戦状。「忘れるな。スーパーフライ級からスーパーバンタム級の全ての道はリゴンドーに通ず」と名言を披露している。フィリピン地元メディア「インクワイアー」が報じている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 ドネアは昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(大橋)と死闘を演じた。12月12日にWBC同級王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)と対戦予定だが、米メディアでウーバーリ戦後はスーパーフライ級に転向し、タイトルを狙う野望を示していた。

 暫定王者止まりだったスーパーフライ級の正規タイトルを獲得し、“正式な”5階級制覇王者と名乗りたいというドネアの展望を報じた同メディア。この公式ツイッターに反応したのはリゴンドーだった。

「忘れるな。115から122の全ての道はリゴンドーに通ず。118ポンド(バンタム)の現役チャンピオンで、122ポンド(スーパーバンタム級)の正統王者だ。オレは115ポンド(スーパーフライ級)でベルトを奪い、お前とそこで出会うだろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集