[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥がまさかの圏外 異業種スターの独自PFPに米記者反論「これに同意できない」

大のボクシングファンとして知られているポートランド・ブレイザーズのスーパースター、ダミアン・リラード。世界3団体ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は17日、IBF王者テオフィモ・ロペス(米国)に大番狂わせで敗れたが、戦前からロペス勝利予想を公表するなど、見る目も評価されている。そんなリラードが独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)10傑を公表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)を外したことで注目を浴び、専門家からも反論される事態に発展している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

ブレイザーズのリラードが独自PFP公表も…

 大のボクシングファンとして知られているポートランド・ブレイザーズのスーパースター、ダミアン・リラード。世界3団体ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は17日、IBF王者テオフィモ・ロペス(米国)に大番狂わせで敗れたが、戦前からロペス勝利予想を公表するなど、見る目も評価されている。そんなリラードが独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)10傑を公表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)を外したことで注目を浴び、専門家からも反論される事態に発展している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 リラードは大のボクシングファンとしても有名で、ツイッターでは度々ボクシングの話題も展開。ロペスの大番狂わせ勝利も予想して話題を呼んだばかりだが、今回は自身のツイッターでPFP10傑を発表した。

 WBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)を筆頭に、4階級制覇のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)、エロール・スペンスJr.(米国)、ロペス、ロマチェンコ、“タンク”の異名で知られるガーボンタ・デービス(米国)らの名前が並ぶ中、各国メディアでトップ級の評価を受けている井上の名前はなかった。

 さらに「ええ、ナオヤ・イノウエは?」というファンの投稿に、リラードは「オレは評価してない」と回答するとツイッター上での議論はより活発になった。

「評価しないって? この数年間トップクラスのファイターをしばき続けているんだぞ。モンスターはやばい」
「イノウエは評価しないのに、タンクは評価するのかい? イノウエはずっと証明済みなのに」
「いつもはデイム(リラードの愛称)に同意するけど、これは違う」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集