[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1日7000kcal摂取“世界一の怪力”が食す 4kgナンにインド人仰天「これは見たことない」

デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つエディー・ホール(英国)。デッドリフト500キロという、驚異的な怪力を誇る男の、1日の摂取カロリーが凄すぎると海外で話題となっている。ホールの妻が、成人男性の約3倍に当たる1日7000キロカロリーを摂取していると証言していたことが海外メディアで報じられていたが、自身のインスタグラムで実際に食べている超巨大なナンを手に持つ写真を公開すると、これに驚きの反響が集まっている。

エディー・ホールの食事の光景が話題だ【写真:Getty Images】
エディー・ホールの食事の光景が話題だ【写真:Getty Images】

デッドリフトの前世界記録保持者ホールがSNSで公開の食事に注目

 デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つエディー・ホール(英国)。デッドリフト500キロという、驚異的な怪力を誇る男の、1日の摂取カロリーが凄すぎると海外で話題となっている。ホールの妻が、成人男性の約3倍に当たる1日7000キロカロリーを摂取していると証言していたことが海外メディアで報じられていたが、自身のインスタグラムで実際に食べている超巨大なナンを手に持つ写真を公開すると、これに驚きの反響が集まっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 まさに規格外だ。まるで掛布団のような超巨大ナンを両手で広げるように持ち、しかめ面でカメラをにらみつけている男。インスタグラムの文面で「4キロのナンを食べる」と説明しているこの男が、エディー・ホールだ。

 英紙が特集したところ、妻のアレクサンドラさんは「彼には通常1日6食を用意しなくてはいけないの。主に炭水化物、たんぱく質、野菜を中心にとっているわね」「エディーは普通のサイズの皿では食べられないの。彼の食事を盛り付けるためには大皿が必要になってくるわ」などとホールの食事事情を語っていた。

 摂取カロリーは1日7000キロカロリー。有酸素運動、高強度インターバルトレーニングなどに励んでいるというホールは190センチ、186キロという規格外のサイズを有している。

 そんなホールが食べているという規格外のナンの写真に、海外のフォロワーにも驚きが拡大。「狂気の沙汰」「あなたにとっての天国ね」「ナンの世界記録では?」「これを食べたら7日は持つ」「デカいなぁ」「4キロのナンとか伝説だろ」「私はインド人だが、こんなナン見たことがない」などとコメントが集まっている。

 ホールは来年9月に米俳優ハフソー・ビョルンソン氏との2人で計391キロという「ボクシング史上最重量マッチ」に挑むと海外で報道されている。この規格外マッチも楽しみに待ちたい。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集