[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陥落ロマチェンコの“5つの道” 英紙が大胆予想「別階級で統一の挑戦を始めるかも」

ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)。史上5人目となる4団体統一の快挙を達成した。一方、6年7か月ぶりの黒星を喫したロマチェンコについて、英メディアは階級の変更など今後の5つのシナリオを予想している。

6年7か月ぶりの黒星を喫したワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
6年7か月ぶりの黒星を喫したワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

ロペスとの4団体統一戦に判定負けで3つのベルトを失う

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)。史上5人目となる4団体統一の快挙を達成した。一方、6年7か月ぶりの黒星を喫したロマチェンコについて、英メディアは階級の変更など今後の5つのシナリオを予想している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 保持していた3つのベルトをロペスに奪われたロマチェンコ。今後を占ったのは英紙「ザ・サン」だった。「32歳、凋落の怪物は自らのレガシーの修復のために何をするのか?」と見出しを打って記事を掲載し、5つの選択肢を予想している。

 第1の選択肢に挙げられたのがロペスとのリマッチ。しかし、同紙は契約書に再戦条項が入っていないとし、「新王者のロペスはそれぞれの4団体から防衛することに駆り立てられることになる。つまり、ロマチェンコは全ての栄誉を取り戻すためのリマッチを手にする可能性はとても少ない」と指摘している。

 第2の選択肢としては、1つ下のスーパーフェザー級に階級を戻し、WBO同級王者のジャメル・ヘリング(米国)とカール・フランプトン(英国)のタイトルマッチの勝者との対戦が挙げられている。

 記事では、ロマチェンコが体格の問題からライト級以上に階級を上げない方針を明らかにしていたことを報じた上で、「彼はかつてのタイトルを取り戻し、スーパーフェザー級で統一王者になるための挑戦をスタートさせるかもしれない」と分析している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集