[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を3年前に視察 マロニーの過去に母国メディア注目「リングサイドにいた」

ボクシングのWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が、3年前に“モンスター視察”をしていたことが明らかとなった。31日(日本時間11月1日)にWBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦予定だが、2017年9月の井上対アントニオ・ニエベス(米国)の世界戦をリングサイドで観戦していたという。豪メディアが報じている。

2017年9月、井上尚弥(左)はアントニオ・ニエベスにTKO勝ちを収めた【写真:Getty Images】
2017年9月、井上尚弥(左)はアントニオ・ニエベスにTKO勝ちを収めた【写真:Getty Images】

井上尚弥VSニエベスを見ていた、マロニーに豪注目

 ボクシングのWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が、3年前に“モンスター視察”をしていたことが明らかとなった。31日(日本時間11月1日)にWBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦予定だが、2017年9月の井上対アントニオ・ニエベス(米国)の世界戦をリングサイドで観戦していたという。豪メディアが報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 井上はスーパーフライ級時代の17年9月、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで行われた軽量級の祭典「SUPER FLY」で、WBO同級7位だったニエベスと対戦。6回終了時の相手の棄権でTKO勝ちを収めたが、ニエベスに膝を着かせた5回の左ボディーは地元メディアから「崇高なボディー」と称賛されている。

 豪ボクシング専門メディア「Aus-Boxing.com」の公式ツイッターでは井上対ニエベス戦のハイライト動画を紹介。「このファイトがジェイソン・マロニーにとって全ての始まりだった。オーストラリア人がリングサイドから視察する中、ナオヤ・イノウエは米国デビュー戦で勇敢なるアントニオ・ニエベスに鉄槌を下した」と報じている。

 マロニーは当時からバンタム級とスーパーバンタム級を主戦場にしていたが、スーパーフライ級時代のモンスターの米デビュー戦を視察していたという。ニエベス戦こそがモンスターとの激突の第一歩だったと、同メディアは伝えている。完敗したニエベスについては、無敗王者の井上に立ち向かった姿勢を「勇敢」と改めて称賛されている。

 一方、井上もマロニーが判定負けした18年10月のエマヌエル・ロドリゲス戦をラスベガスのリングサイドで観戦していた。時間が経ったとはいえ、互いに仕入れたイメージはリング上でどう影響するのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集