[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、苦戦以上の“優雅さ”に米解説者も称賛「緩めることなく全てを簡単に見せる」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は17日(日本時間18日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)は、首位につけたハビエル・フェルナンデス(スペイン)に続く93.92点で2位発進となった。大会を中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」の海外解説者は「少し苦戦しました」としつつ、「ショーマは優雅でした。緩めることなく全てを簡単に見せるところが素晴らしかった」と言及している。

フランス杯SP、冒頭の4回転ジャンプで失敗「ショーマは少し苦戦しました」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は17日(日本時間18日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)は、首位につけたハビエル・フェルナンデス(スペイン)に続く93.92点で2位発進となった。大会を中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」の海外解説者は「少し苦戦しました」としつつ、「ショーマは優雅でした。緩めることなく全てを簡単に見せるところが素晴らしかった」と言及している。

 宇野にとって、決して満足のいく演技ではなかった。ビバルディの「四季」より選んだ「冬」に乗せて、冒頭の4回転フリップに挑むも転倒。その後、4回転-3回転を成功させるなど立て直したが、ノーミス演技のフェルナンデスとは10点以上の差をつけられてしまった。

 演技を終えると、大きく呼吸しながらしばらく頭上を見つめていた宇野。中継した「オリンピックチャンネル」では、解説者は「ショーマは少し苦戦しました」と切り出した。

「最初の4回転は良いテイクオフではありませんでした。十分な高さ、空中での回転を得られませんでした」と減点を受けた4回転フリップの失敗に言及。しかし、ミスにも動じずその後の4回転-3回転の連続ジャンプ、トリプルアクセルを決め、スピンやステップでも最高レベルの評価を得た点を「ショーマは優雅でした。緩めることなく全てを簡単に見せるところが素晴らしかったです」と評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集