[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

侍の4番&鉄腕、サヨナラ日本一男… 今季FA権を「行使しなかった選手」は?

プロ野球は14日でフリーエージェント(FA)権の宣言期間が終了。ロッテ・涌井秀章投手が海外FA権、日本ハム・増井浩俊投手が国内FA権と計7選手が行使した一方、今年に権利を取得し、去就が注目ながら行使せず、残留した選手もいる。主な選手は以下の通り。

7選手宣言の一方、行使せずの選手も…日本ハム・中田&宮西、ソフトバンク・川島ら

 プロ野球は14日でフリーエージェント(FA)権の宣言期間が終了。ロッテ・涌井秀章投手が海外FA権、日本ハム・増井浩俊投手が国内FA権と計7選手が行使した一方、今年に権利を取得し、去就が注目ながら行使せず、残留した選手もいる。主な選手は以下の通り。

 筆頭は日本ハム・中田翔内野手だ。去就が注目されていた侍ジャパンの4番も経験した主砲は、宣言期間の最終日となった14日に残留を宣言。来季契約で合意した。同じく日本ハムで侍ジャパンに選ばれた中継ぎの鉄腕・宮西尚生投手も中田同様に国内FA権の行使を見送り、残留。ともに2年ぶりの日本一奪回を目指していく。

 また、ソフトバンクでは日本シリーズでサヨナラ打を放ち、日本一を決めた川島慶三内野手と明石健志内野手は国内FA権、西武で長年正捕手を務めてきた炭谷銀仁朗は海外FA権を行使せずに残留。セ・リーグでは今季途中に日本ハムから加入した中日・谷元圭介投手も国内FA権を行使せず、来季も中日でのプレーを決断した。

 長年1軍でプレーしてきたからこそ得られるFA権。それでも、来季も自軍に貢献を決めた選手たちがどんなプレーを見せてくれるだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集