[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ハリル日本、0-1に見た“赤い悪魔”との差 英紙指摘「一握りの好機モノにできない」

サッカー日本代表は14日(日本時間15日)、世界ランク5位のベルギー代表と対戦し、0-1で惜敗。ブラジル代表に続く、欧州遠征を2連敗で終えた。この日は11本のシュートを放ち、決定的チャンスを作りながら、ゴールネットを揺らせず。海外メディアは「ひと握りのチャンスをものにてきないことを露呈」と指摘している。

世界ランク5位にシュート11本、海外メディアは「行き詰まり打開する十分な決定機」も…

 サッカー日本代表は14日(日本時間15日)、世界ランク5位のベルギー代表と対戦し、0-1で惜敗。ブラジル代表に続く、欧州遠征を2連敗で終えた。この日は11本のシュートを放ち、決定的チャンスを作りながら、ゴールネットを揺らせず。海外メディアは「ひと握りのチャンスをものにてきないことを露呈」と指摘している。

 善戦はした。1点差。しかし、0-1。最後の最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。日本はベルギーの12本に対し、11本とシュートは互角に放った。それでも、守備陣が無失点でしのいでいた後半27分にFWルカクに先制点を献上。直後の32分にFW杉本が相手のミスから攻め上がり、GKと1対1の状況になったが、やや打ち急いだ格好で相手GKに阻まれた。

 結局、ロシア・ワールドカップ(W杯)のV候補相手に決定的チャンスも生かすことができず、相手の先制点がそのまま決勝点になった。海外メディアは0-1で終わった試合に両者の違いを分析している。

 英紙「デイリー・メール」は「ベルギーは決して本調子というわけではなかった」としながら、ベルギー代表の通算単独最多得点「31」を樹立したルカクは決定機を逃さず。記事では「日本の守護神エイジ・カワシマから淡々と奪い、きっちりと勝利を手繰り寄せた」と“赤い悪魔”の強さに舌を巻いている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集