[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童ネリ、格下相手の苦戦をリング誌指摘 本人は前向き「俺が打ち込んだから勝った」

ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦が26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリがWBC世界スーパーバンタム級6位アーロン・アラメダ(ともにメキシコ)に判定勝ち。2年7か月ぶりに世界王座返り咲きを果たした。格下に苦戦した末の勝利だったが、ネリは「俺の方が打ち込んだから勝ったんだ」と勝因を分析している。米専門誌「ザ・リング」が報じている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

王座返り咲きもアラメダに苦戦「常にKOを狙っているが…」

 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦が26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリがWBC世界スーパーバンタム級6位アーロン・アラメダ(ともにメキシコ)に判定勝ち。2年7か月ぶりに世界王座返り咲きを果たした。格下に苦戦した末の勝利だったが、ネリは「俺の方が打ち込んだから勝ったんだ」と勝因を分析している。米専門誌「ザ・リング」が報じている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 ネリは25戦全勝(13KO)のアラメダとの一戦で苦戦。10回にはボディー、アッパーで攻めらえれて手数が減少するなどピンチも迎えたが、序盤からポイントを重ねて3-0の判定勝ち。連続KO勝ちは11でストップしたが、王座返り咲きを果たした。

「ザ・リング」はこの試合の詳細を記事に掲載。「ネリは早いラウンドでのKO勝ちを宣言していたが、第5ラウンドの中盤は両ファイターのジャブ応酬となった」「アラメダは第10ラウンド終盤に左ストレートを連打。その直後、ネリの左目にはっきりとした腫れが見えた」など、ネリがアラメダに苦戦した場面も指摘している。

 また、同誌はネリのコメントを紹介。「俺の方が打ち込んだから勝ったんだ」と序盤から有効打をより多く打ったことが勝利につながったと自己分析し、苦戦した理由については「常にKOを狙っているが、彼はジャブを多用したことで俺も決着をつけるまでに少しやられた」と語ったという。

 この試合でプロデビューから31連勝としたネリ。バンタム級で体重超過など問題を起こし、1階級上に転級した悪童は「この階級にはいいボクサーがたくさんいる。(WBA同級レギュラー王者の)ブランドン・フィゲロアの名前が挙がるが、チームと話をすることになる。122ポンド(スーパーバンタム級)の誰とでも試合をする準備ができている。恐れる者はいない」と次戦希望についても語ったという。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集