[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

物議の“不意打ちアンダーサーブ” 海外識者は持論「相手は構える前と主張するが…」

男子テニスのハンブルク・オープン(ドイツ・ハンブルク)で、サーブが物議を呼んでいる。23歳のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が25日(日本時間26日)、準々決勝のクリスチャン・ガリン(チリ)戦でアンダーサーブを披露。意表を突かれた相手が抗議する実際の動画をATPツアーが公開すると、海外ファンから「処分すべき」と批判的コメントが集まっていたが、海外識者らは「構える前と主張するが、見ていないのが悪い」などと賛同している。

アレクサンダー・ブブリクのプレーが物議を呼んでいる【写真:Getty Images】
アレクサンダー・ブブリクのプレーが物議を呼んでいる【写真:Getty Images】

意表突くアンダーサーブに海外識者が続々反応

 男子テニスのハンブルク・オープン(ドイツ・ハンブルク)で、サーブが物議を呼んでいる。23歳のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が25日(日本時間26日)、準々決勝のクリスチャン・ガリン(チリ)戦でアンダーサーブを披露。意表を突かれた相手が抗議する実際の動画をATPツアーが公開すると、海外ファンから「処分すべき」と批判的コメントが集まっていたが、海外識者らは「構える前と主張するが、見ていないのが悪い」などと賛同している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 してやったりの笑みだ。第1セット、ゲームカウント3-2で迎えたブブリクのサービスゲーム。トスを上げるかと思いきや、目線は地面に向けたままアンダーサーブを放った。緩い球に完全に意表を突かれたガリンは咄嗟に前に出たが、全く追いつけず。すると、身振り手振りの怒った様子で何かをアピールしている。ブブリクはウインクをするように得意顔を見せた。

 ルール上、何も問題のないプレー。ATPツアー公式ツイッターが動画を公開すると、海外ファンから「彼はこれを続けるべき」「これ面白いから好き」と好意的コメントが多かったが、「こういうの嫌い」「サイテー。こういうのは処分すべき」「ルール内だけど、お金払ってこういうの見たくない」「これを禁じるようルール変更を望む」と否定的なものも見られた。

 すると、ツイッター上で動画が拡散し、海外識者や元選手らが反応している。ロイター通信テニス担当のインド人特派員、スディプト・ガングリー氏は「アンダーサーブは新しい技になるはずだ。近い将来、多くの選手がこれを練習する光景を見ることになるだろう」とツイート。セルビアメディア「スポーツ・クラブ」のササ・オズモ記者は「申し訳ないが、楽しんで見てしまった」と好意的な印象を受けたようだ。

 さらにアイルランドのソフトウェア企業「クレーム・グローバル」のCEOで、アマチュアテニス選手のクロナン・マクナマラ氏は「リターン側が構えている限り、ルール違反ではない。ガリンは構える前だったと主張しているようだが、映像を見る限り構えていたし、見ていないのが悪い」と説明。1978年全米オープン女子シングルスで準優勝したパム・シュライバー氏(米国)は「戦略的なサーブで何も間違っていない」と受け止めている

 ブブリクはフェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)との2回戦でも、同様のアンダーサーブで一部のファンから批判を受けていた。1回戦では強烈なサーブがボールガールを直撃し、冷や汗を流すシーンもあった世界56位。アンダーサーブは決まったが、ガリン戦は1-2で敗れてしまった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集