[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 最難関は東海3枠目? 来春センバツ出場校予想 毎年激戦の関東・東京の行方は…

最難関は東海3枠目? 来春センバツ出場校予想 毎年激戦の関東・東京の行方は…

来年は第90回の記念大会で例年より4校多い36校(21世紀枠「3」を含む)。果たして、1月26日に行われる選考委員会で選出されるのはどの学校か。一般枠と明治神宮大会枠を合わせた計36枠を早速、占った。

明治神宮大会、明徳義塾Vで一般枠「32」神宮枠「1」が確定…33校の顔ぶれを占う

 高校野球の明治神宮大会は14日、決勝が行われ、明徳義塾(高知)が創成館(長崎)を4-0で下し、36年ぶり2度目の優勝を決めた。これにより、来春のセンバツ高校野球大会は四国地区に出場枠に明治神宮大会枠「1」が与えられ、計4枠になった。

 来年は第90回の記念大会で例年より4校多い36校(21世紀枠「3」を含む)。果たして、1月26日に行われる選考委員会で選出されるのはどの学校か。一般枠と明治神宮大会枠を合わせた計36枠を早速、占った。

 北海道(1枠)は秋季大会優勝の駒大苫小牧で順当。東北(3枠)は優勝の聖光学院(福島)、準Vの花巻東(岩手)は順当。最後の3枠目は準決勝で花巻東と接戦を演じた日大山形(山形)が有利だ。

 毎年激戦の関東・東京(6枠)は、関東から優勝の中央学院(千葉)、準Vの明秀学院日立(茨城)、4強の東海大相模(神奈川)、慶応(神奈川)、東京から優勝の日大三の計5校は当確。残り1枠を関東8強と東京準Vの佼成学園で争う構図だが、関東準Vの明秀学園日立と準々で接戦を演じた高崎健康福祉大高崎(群馬)がやや優位か。

 北信越(3枠)は優勝の日本航空石川(石川)、準Vの星稜(石川)に続き、最後の枠は富山商(富山)か。今回、最大の激戦とみられるのが、東海(3枠)だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー