[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「日本から米国のルースになるのか」― 大谷翔平、米国が見た「未曾有」の可能性

「日本から米国のルースになるのか」― 大谷翔平、米国が見た「未曾有」の可能性

日本ハム・大谷翔平投手は、ポスティングシステムを利用し、来季から米大リーグを目指すことを表明した。現行制度では大型契約は難しくても、「金」より「夢」を選び、23歳というタイミングで決断。日本プロ野球が生み出した“二刀流”の挑戦を、米国はどう見ているのか。

23歳でメジャー挑戦決断、米メディア、球団GMらが見た「OHTANI」の可能性

 日本ハム・大谷翔平投手は、ポスティングシステムを利用し、来季から米大リーグを目指すことを表明した。現行制度では大型契約は難しくても、「金」より「夢」を選び、23歳というタイミングで決断。日本プロ野球が生み出した“二刀流”の挑戦を、米国はどう見ているのか。

 11月11日午前11時に開かれたメジャー挑戦会見。正式な意思の表明により、米球界も一気に「OHTANI」報道が過熱し始めた。

 MLB公式サイトは会見を受けて特集を掲載。「野球界の歴史においてユニークかつ未曾有の実力を備えた存在」と日本からやってくる希代のタレントを紹介し、本人の会見コメントも掲載。昨年11月に合意された大リーグの新労使協定により、25歳未満の国外選手との契約に使える金額は抑えられるが、「金」より「夢」を選んだ青年の決断を、こう報じている。

「もしかすると、日本球界からの挑戦者で最も有望なスター選手であるかもしれないオオタニにとって、向上し続けたいという思いがモチベーションになっている。MLBは実力を磨く上で最良の場所であると考えているようだ」

 イチ野球選手として、飽くなき向上心を持った大谷の精神を分析している。一方、米スポーツ専門局「ESPN」は、今オフのFA市場について「日本球界屈指のスター・オオタニの登場で盛り上がりを見せている」と評し、“大谷狂騒曲”の行方をこう占っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー