[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマ戦前座に登場 14連続初回KO、米新星の“横転フック”に米戦慄「ゲームのようだ」

ボクシングの世界ライト級3団体王者、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者のテオフィモ・ロペス(米国)が10月17日(日本時間18日)に米ラスベガスで4団体のベルトをかけて激突する。世界が注目する一戦だが、アンダーカードにも必見のカードが組まれている。登場するのはデビューから14連続1回KO中のエドガー・バーランガ(米国)だ。米興行大手「トップランク」は7月の試合で62秒KO勝ちした際の映像を公開。米ファンからは「この男の戦いが早く見たい!」などと待望する声が上がっている。

エドガー・バーランガ【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】
エドガー・バーランガ【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】

ロマ―ロペス戦の前座に登場、バーランガのパンチに米注目

 ボクシングの世界ライト級3団体王者、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者のテオフィモ・ロペス(米国)が10月17日(日本時間18日)に米ラスベガスで4団体のベルトをかけて激突する。世界が注目する一戦だが、アンダーカードにも必見のカードが組まれている。登場するのはデビューから14連続1回KO中のエドガー・バーランガ(米国)だ。米興行大手「トップランク」は7月の試合で62秒KO勝ちした際の映像を公開。米ファンからは「この男の戦いが早く見たい!」などと待望する声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 23歳の新星が豪快に倒した。開始早々、圧力をかけてロープ際に追い詰めるバーランガ。ガードを固めるエリック・ムーン(米国)に対し、お構いなしに強打を振るった。左右のボディーを放ち、さらにガードの上から右フックをぶつける。

 ガードの上からでも効いた様子で、わずかにブロックする左手が下がったところを見逃さない。右のフックを顔面にお見舞い。崩れ落ちるムーン。立とうとするが、足元がおぼつかない。ダメージは深刻なようで、そのまま横転してしまった。レフェリーはすぐに試合をストップ。バーランガの強打が際立つ、62秒TKOだった。

 14試合連続で初回KOを飾ったバーランガ。3か月ぶりの試合へ、トップランク社も大きな期待をかけているようで、公式インスタグラムに「ESPNで放送される2020年のトップランク社最大のショーが始まる。エドガー・バーランガは今までと同じように勝てるのか」と記して、62秒の瞬殺劇を動画付きで公開。米ファンの反響が集まっている。

「この男の戦いが早く見たい!」
「審判も困惑している」
「ビデオゲームのようだ」
「この男がトップレベルの選手たちと戦う日が待ちきれない」
「モンスター」
「脳にダメージを食らっているね」

「10・17」の興行ではスーパーミドル級8回戦で、ラネル・ベローズ(米国)と対戦する。ロマ―ロペス戦の日にKO記録を伸ばせるか。注目したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集