[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーの不意打ちKOが復刻 物議呼んだ“倍返し”に米賛否「典型的な愚か者」

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏が繰り出した9年前の“不意打ちKO勝ち”が再び脚光を浴びている。2011年9月17日にWBC世界ウエルター級王者ビクター・オルティス(ともに米国)と対戦。米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムが動画を公開すると、「典型的な愚か者」などと海外ファンの反応が集まっている。

フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

ノーガードの相手に叩き込んだ一撃に再注目「フロイドは悪くない」

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏が繰り出した9年前の“不意打ちKO勝ち”が再び脚光を浴びている。2011年9月17日にWBC世界ウエルター級王者ビクター・オルティス(ともに米国)と対戦。米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムが動画を公開すると、「典型的な愚か者」などと海外ファンの反応が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 荒れた試合の中でいきなり起きたシーンだった。オルティスは序盤から頭を近づけるラフな戦い方をすると、4回に頭部がメイウェザーの顔面へと直撃。一時中断となり、再開される瞬間だった。オルティスのラフプレーを許す態度を示すかのように頷きながら、ハグをしにいくメイウェザー。しかし、体を離した時だ。油断してまだノーガードの相手に左フック、右ストレートをお見舞いしたのだ。

“倍返し”をくらい、ダウンで後ろに倒れるオルティス。このまま4回2分59秒でメイウェザーが勝利を収めた。試合直後のリング上では、米ケーブルテレビ局「HBO」の司会者ラリー・マーチャント氏と口論。動画を公開したESPNリングサイドは「メイウェザーとマーチャントの忘れられないやり取りから9年」とつづるとともに、この時に同氏が言い放った「私が50歳若かったら、お前なんか倒してやるんだけどな!」というコメントも紹介している。

 オルティスのラフプレーもあったため、物議を呼んだ不意打ちKO。今回の投稿には、マーチャント氏とのやり取りに対するものも含め、こうコメントが相次いでいる。

「フロイドは悪くないよ、でもちょっとダサい」
「オルティスは頭突きの後、本当にハグしに行ってるのに」
「フロイドは脳なしのエゴイスト。ボクシング界の恥」
「典型的な愚か者。このファイターを叩きのめせ」
「フロイドのファンじゃないけど、彼は悪くない」
「テクニカルな面で言えばフロイドが正しい」
「反則したのはオルティスの方だ」
「フロイドのファンじゃないけど、彼は悪くない。これを見ると、直前にグラブタッチしてるじゃないか」

 メイウェザーを擁護するコメントも多く、今でも様々な声が集まっているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集