[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4番打者が89kmナックルで奪三振 “ユルユル魔球”の敗戦処理に米驚愕「新エースだ」

米大リーグの試合で、野手が投じた55マイル(約89キロ)のナックルが注目を浴びている。通算217本塁打を誇るメッツのトッド・フレージャー内野手が18日(日本時間19日)、ブレーブス戦で13点ビハインドの9回に登板。揺れて落ちる“魔球”で見逃し三振を奪った動画をMLBが公開すると、米ファンから「最高の抑え」「新エースだ」と反響が寄せられている。

9回に登板したメッツのトッド・フレージャー【写真:AP】
9回に登板したメッツのトッド・フレージャー【写真:AP】

メッツのフレージャーが投じたナックルに反響「フィリーズにも欲しい」

 米大リーグの試合で、野手が投じた55マイル(約89キロ)のナックルが注目を浴びている。通算217本塁打を誇るメッツのトッド・フレージャー内野手が18日(日本時間19日)、ブレーブス戦で13点ビハインドの9回に登板。揺れて落ちる“魔球”で見逃し三振を奪った動画をMLBが公開すると、米ファンから「最高の抑え」「新エースだ」と反響が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 野手がまさかの変化球を投げた。2-15の9回、「4番・三塁」で出場していたフレージャーがマウンドへ。1死で迎えた6番デュバルを1-2と追い込むと、4球目にはなんとナックルを披露。内角高めに揺れながら落ちた55マイルに面食らったのか、デュバルは見逃し三振を喫した。スローで見るとほぼ無回転でミットに収まっている。

 結局フレージャーは打者3人を無安打1奪三振と役目を果たした。実況も「オーマイガー!」と驚いた投球動画を、MLB公式ツイッターが「フレイジャー、ナックルボールで三振」と文面につづって公開。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」もツイッターで別の打者を中飛に打ち取る映像を公開した。

 通算217本塁打を誇る34歳が披露したナックル。米ファンからは「2020のサイ・ヤング賞」「メッツの新しいエースだ」「メッツのブルペンでは最高のピッチャー」「サイ・ヤング」「最高の抑えだ」「うちのほとんどの先発よりいいな」「フィリーズにも欲しい」などと反響が寄せられている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集