[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

永峰咲希、逆転でメジャー初V 混戦で875日ぶり2勝目「重圧に押しつぶされそうに…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が13日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の4位で出た25歳の永峰咲希(ニトリ)が通算12アンダー。875日ぶりのツアー通算2勝目を逆転で飾り、メジャー初優勝を飾った。

2年5か月ぶりの優勝を飾った永峰咲希【写真:Getty Images】
2年5か月ぶりの優勝を飾った永峰咲希【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子プロ選手権最終日、永峰咲希が2年5か月ぶりV

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が13日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の4位で出た25歳の永峰咲希(ニトリ)が通算12アンダー。875日ぶりのツアー通算2勝目を逆転で飾り、メジャー初優勝を飾った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 永峰は出だしの1番でバーディー発進すると、5、8番でも伸ばした。一時は1打差2位で出たペ・ヒギョンと首位で並ぶなど激しい優勝争いを展開。後半10、11番の連続バーディーで抜け出したが、12、16番のボギーで2位に1打差に迫られた。しかし、なんとか踏ん張り、デッドヒートの末に逃げ切った。

 優勝スピーチでは「この日本女子プロ選手権という歴史のある大会で2勝目を挙げることができて、本当に嬉しい気持ちでいっぱいですし、やっぱり最後の方は風と素晴らしいゴルフ場のグリーンにプレッシャーで押しつぶされそうだったんですけど、最後は気持ちで乗り切ることができました」と笑顔でコメント。「優勝は自分にとって凄い自信に繋がる。これからもこの大会の優勝者として恥じないプレーを心がけて頑張っていきたい」と振り返った。

 柏原明日架、堀琴音ら逸材が揃い、プロ転向後は「14年プロテスト合格組」と期待を集めた世代。トップ10入りを21回も数えるなど苦労した末、プロ5年目となった18年4月のフジサンケイレディスで世代一番乗りの初優勝を遂げた。以降、8度のトップ10入りしたが、2勝目は手にできず。昨季は賞金ランク45位で5年連続シード権を獲得。2週前に今季最高の6位に入り、約2年5か月ぶりに遠かった2勝目を手にした。

 1打差の2位にイ・ナリ、田辺ひかり、木村彩子、2打差の5位にペ・ヒギョン。小祝さくらは9アンダーの6位、単独首位で出た西村優菜、金澤志奈が7アンダーの7位、今季2勝の19歳・笹生優花は5アンダーの13位だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集