[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、名勝負を現地が続々称賛 「最高級のテニス」「インクレディブルな戦い」

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。現地からは続々と大坂を称える声が上がっている。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

好調ブレイディとの見ごたえ十分な試合を制した大坂に相次ぐ称賛

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。現地からは続々と大坂を称える声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 名勝負だった。第1セットからお互いに一歩も譲らない展開。互いにキープを続け、タイブレークに突入。大坂が第4ゲームから連続してポイントを奪うと、7-1で勝利。第1セットを先取した。大坂はアンフォーストエラーがわずか4つと、抜群の安定感だった。ブレイディは今大会初めてセットを落とした。

 第2セットはブレイディに取り返されたが、ファイナルセットでは第4ゲームでこの試合初めてのブレークに成功。粘る相手を底力で上回り、2時間超えの激闘に終止符を打った。

 大坂の見事な勝利を女子テニス協会(WTA)も称えている。公式ツイッターで「ナオミ・オオサカがブレイディを倒し、2年ぶりの全米オープン決勝の舞台に帰ってきた」「過去3年間で3度目のグランドスラム決勝! ナオミ・オオサカがほぼ完璧なパフォーマンスを見せつけたジェニファー・ブレイディを7-6、3-6、6-3でノックアウトした」と速報で拍手を送った。

 またWTA公式メディア「WTAインサイダー」のツイッターも「決勝に戻ってきた。2時間8分のインクレディブルな戦いだった。ナオミ・オオサカがジェニファー・ブレイディを7-6、3-6、6-3で破った。最高級のテニスだった」と名勝負だったと評価している。

 米スポーツ専門局「ESPN」も公式ツイッターで「オオサカの勝利! 過去3年間で2度目の全米オープンの決勝に戻ってきた」と速報。快進撃を続ける「Naomi Osaka」に熱い視線が注がれている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集