[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ナオミの非常に印象的なパフォーマンス」 激闘制した大坂に米記者も賛辞連発

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。現地の記者からも大坂を称える声が続々と上がっている。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

ブレイディとの白熱名勝負を制し、現地記者も喝采

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。現地の記者からも大坂を称える声が続々と上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 128分の激闘。マッチポイントで大坂のサーブに対して、ブレイディのリターンがネットにかかった。勝利の瞬間、力が抜けたのか、一瞬うなだれた大坂。そして顔を上げると安堵の表情だ。スタンドには応援に駆け付けた恋人の米国人ラッパー、YBNコーデーの姿もあった。

 今大会絶好調だったブレイディとの名勝負。最後は大坂が底力で上回った。2年ぶりの決勝進出を現地記者もツイッター上で称賛を送っている。

 米紙「ニューヨークタイムズ」のクリストファー・クラレイ記者は「ナオミ・オオサカは非常に印象的なパフォーマンスでジェニファー・ブレイディを抑え、全米オープン決勝進出」と伝え、またオーストラリア紙「オーストラリアン」のコートニー・ウォルシュ記者も「ナオミ・オオサカとジェニファー・ブレイディが本当に素晴らしいパフォーマンスを見せた」と両者に拍手を送った。

 米男女混合プロテニスリーグ「ワールド・チーム・テニス」のCEOカルロス・シルバ氏は「これ以上良い全米オープンの準決勝は思いつかない。ナオミ・オオサカとジェニファー・ブレイディは素晴らしいテニスを披露した」と感動を伝えている。

 また米紙「USAトゥデー」のコラムニスト、ダン・ウォルケン氏も「誰と対戦することになろうが、ナオミ・オオサカはかなり優位に立っているとみられるでしょう。彼女は今非常に高いレベルにある」と大坂の優勝を最有力視している。

 決勝はセリーナ・ウィリアムズ(米国)とビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。イライラを募らせるようなシーンもほとんどない今大会の大坂。3度目のグランドスラム制覇まであと1勝だ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集