[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、V王手に充実感「質の高い試合」 好調要因は「勝とうが負けようが思い切り」

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

試合後のオンコートインタビューで堂々のコメント

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 過去の対戦では1勝1敗。第1セットは両者一歩も譲らない展開となった。互いにキープを続け、タイブレークに突入。大坂が第4ゲームから連続してポイントを奪うと、7-1で勝利。第1セットを先取した。大坂はアンフォーストエラーがわずか4つと、抜群の安定感だった。ブレイディは今大会初めてセットを落とした。

 第2セットも互いにキープをし合う展開だったが、第8ゲームでブレイディに先にブレークを許した。このセットは3-6で落とし、セットカウント1-1のタイに。

 運命の第3セットは大坂が第4ゲームでこの試合初のブレーク。粘るブレイディを底力で上回り、決勝進出を決めた。

 試合後のオンコートインタビューでは「ニューヨークは私の第2の故郷。残念ながら観客はいませんが、このコートは大好きです。質が高い試合でした。2人とも素晴らしいポイントを積み重ねていた。サーブもお互いにうまく打てていた。彼女のサーブにどう対応するか微調整を続ける試合でした」とブレイディを称えながら、試合を振り返った。

 また好調の要因を問われると、「私は自分が勝とうが負けようが、思い切り試合をしたいと思ってやっている」と分析している。

 決勝はセリーナ・ウィリアムズ(米国)とビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。「(どちらとの対戦になるか)わかりません。どちらも素晴らしい強い選手です。ここにいられることが嬉しいです」と喜びをかみしめていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集