[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、2年ぶり決勝! 2時間超えの死闘制す、抗議マスクコンプリートも達成

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

世界ランク41位ブレイディを激戦の末に下す

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。試合時間は2時間を超える激戦だった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 過去の対戦では1勝1敗。第1セットは両者一歩も譲らない展開となった。互いにキープを続け、タイブレークに突入。大坂が第4ゲームから連続してポイントを奪うと、7-1で勝利。第1セットを先取した。大坂はアンフォーストエラーがわずか4つと、抜群の安定感だった。ブレイディは今大会初めてセットを落とした。

 第2セットも互いにキープをし合う展開だったが、第8ゲームでブレイディに先にブレークを許した。このセットは3-6で落とし、セットカウント1-1のタイに。

 運命の第3セットは大坂が第4ゲームでこの試合初のブレーク。粘るブレイディを底力で上回り、決勝進出を決めた。

 また大坂は、入場時に2016年にミネソタ州で警官に射殺された黒人男性フィランド・キャスティルさんの名前が入ったマスクを着用。人種差別への抗議の意味で、1回戦から続けておりこれが6枚目。決勝進出により用意していた7枚全てを披露することになる。

 決勝はセリーナ・ウィリアムズ(米国)とビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

【大坂の今大会勝ち上がり】

1回戦 2-1 土居美咲
2回戦 2-0 ジョルジ
3回戦 2-1 コスチュク
4回戦 2-0 コンタベイト
準々 2-0 ロジャーズ
準決 2-1 ブレイディ

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集