[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失格ジョコビッチ、“危険ショット”に女子レジェンドも苦言「不注意で、愚かにも…」

テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は全米オープン4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット5-6とリードを許した直後、苛立ちから背後に打ったボールが線審の首元を直撃。失格処分となったが、グランドスラム優勝18回の女王マルチナ・ナブラチロワ氏(チェコ)は「不注意で愚か」とし、ジョコビッチの愚行に苦言を呈している。

ボールが直撃した線審を介抱するノバク・ジョコビッチ【写真:AP】
ボールが直撃した線審を介抱するノバク・ジョコビッチ【写真:AP】

グランドスラム通算18勝のナブラチロワ氏「信じられない」

 テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は全米オープン4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット5-6とリードを許した直後、苛立ちから背後に打ったボールが線審の首元を直撃。失格処分となったが、グランドスラム優勝18回の女王マルチナ・ナブラチロワ氏(チェコ)は「不注意で愚か」とし、ジョコビッチの愚行に苦言を呈している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 悔やまれる瞬間だった。第11ゲームで先にブレークを許したジョコビッチはコートを移動しながら、ボールを背後の壁に打ち込んだ。苛立ちのこもったボールは予想外の軌道を描き、壁際の女性線審の首元を直撃してしまったのだ。線審は喉を押さえながらコートに倒れ込むと、しばし動けなかった。

 慌てたジョコビッチはすぐに線審を介抱したが、協議の末に失格となった。

 意図的ではなかったにせよ、危険なショット。ナブラチロワ氏はツイッターで「全米オープンのコートで今起きたことは信じられない。ノバク・ジョコビッチは女性ラインズマンの喉に不注意で、愚かにもボールを打ち込んで失格に。審判には失格以外に選択肢はなかった。なんてことなの……」と厳しい視線を向けていた。

 ジョコビッチは今大会で得たランキングポイントをすべて失い、賞金も没収。罰金も科されることに。世界No.1プレーヤーの犯した過ちは同じテニス界のレジェンドにとっても、看過できないシーンだった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集