[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダル最大のライバル デグロムの圧巻“160km連発K”に米称賛「最後の球は信じられない」

米大リーグ、メッツのジェイコブ・デグロムが6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で7回で12三振を奪い、3安打1失点と好投。3勝目(1敗)を挙げた。過去2年連続でサイ・ヤング賞を受賞しているメジャー最高右腕が圧巻の160キロ連発で空振り三振に打ち取るシーンの映像を米国の名物セレブが公開。米ファンからは称賛が集まっている。

3勝目を挙げたメッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】
3勝目を挙げたメッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】

デグロムの剛球連発シーンに脚光

 米大リーグ、メッツのジェイコブ・デグロムが6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で7回で12三振を奪い、3安打1失点と好投。3勝目(1敗)を挙げた。過去2年連続でサイ・ヤング賞を受賞しているメジャー最高右腕が圧巻の160キロ連発で空振り三振に打ち取るシーンの映像を米国の名物セレブが公開。米ファンからは称賛が集まっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 圧倒的な4球だった。初回1死、デグロムはホスキンスと対峙。初球、2球目と99マイルのファストボールで続けて空振り。3球目の100マイルは外角の高めに外れたが、4球目はど真ん中への100マイル。ホスキンスはバットに当てられない。

 奪三振ショーの号砲となる圧巻の投球にフォーカスしたのは「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏。ツイッターに「ジェイコブ・デグロムによる99マイル、99マイル、100マイル、100マイルでの三振」とつづり、動画付きで投稿すると、ファンからは称賛が沸き起こっている。

「最高」
「彼は芸術家だ」
「非常に巧みだ」
「現実離れしている」
「この映像の最後の球は信じられない」
「野球界最高の投手だ」
「やばすぎる」
「誰も彼のレベルに達していない」

 勝ち星こそ3勝にとどまっているが、これで防御率は1.69とし、リーグトップ・ダルビッシュの1.44に迫る。奪三振率では13.1とダルビッシュの11.3を上回っている。

 日本人初のサイ・ヤング賞を目指すダルビッシュの前に、立ちはだかる存在になるのだろうか。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集