[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失格ジョコビッチ 線審直撃の“危険ショット”に海外波紋「ひどい!」「大きなミス」

テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の行為が波紋を呼んでいる。全米オープン、男子シングルス4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット途中で背後の壁にボールを打った際に女性線審の首元を直撃。これが危険行為として、ジョコビッチの失格が決まった。実際の映像を米記者が投稿。海外ファンからは批判が集まっている。

危険行為で失格となったノバク・ジョコビッチ【写真:AP】
危険行為で失格となったノバク・ジョコビッチ【写真:AP】

思わず出た一打が危険行為とみなされ失格処分に

 テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の行為が波紋を呼んでいる。全米オープン、男子シングルス4回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)と対戦。第1セット途中で背後の壁にボールを打った際に女性線審の首元を直撃。これが危険行為として、ジョコビッチの失格が決まった。実際の映像を米記者が投稿。海外ファンからは批判が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 事件が起きたのは第1セット。お互いにキープして迎えた第11ゲーム、先にブレークを許してしまったジョコビッチ。ボールを背後の壁に打ち込んだ。苛立ちのこもったボールは予想外の軌道を描き、壁際の女性線審の首元を直撃してしまったのだ。線審は喉を押さえながらコートに倒れ込むと、しばし動けなかった。

 慌てたジョコビッチはすぐに線審を介抱したが、協議の末に失格が決定。全米テニス協会は「グランドスラムのルールブックに則り、意図的に危険なボールを打つ、あるいは結末を無視して、コート内における危険行為やボールを打ったことで、全米オープンのレフリーは2020年全米オープンからノバク・ジョコビッチを失格処分とした」と声明を発表している。

 故意ではなかったが、大きな事故につながりかねない“危険ショット”。米放送局「ABC11」のマーク・アームストロング記者が「信じられない。ジョコビッチが不注意にもボールを線審の喉に打ってしまい、失格となった」と記し、実際の映像を自身のツイッターに投稿しているが、これに海外ファンからは様々な声が上がっている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集