[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳笹生優花、6打差39位出遅れ 3戦連続Vへ、会心イーグルも淡々「長い一日でした」

女子ゴルフのゴルフ5レディスが4日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC(6571ヤード、パー72)にて無観客で開幕した。雷雨接近のため午前11時過ぎから2時間16分中断され、ツアー史上初の初優勝から3戦連続Vがかかる笹生優花(ICTSI)は1イーグル、1バーディー、2ボギーの71で回って1アンダー。首位の葭葉ルミ(富士住建)に6打差の39位と出遅れた。

3戦連続Vへ39位発進となった笹生優花【写真:Getty Images】
3戦連続Vへ39位発進となった笹生優花【写真:Getty Images】

ゴルフ5レディスが開幕、葭葉ルミが単独首位、1打差2位に田中瑞希

 女子ゴルフのゴルフ5レディスが4日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC(6571ヤード、パー72)にて無観客で開幕した。雷雨接近のため午前11時過ぎから2時間16分中断され、ツアー史上初の初優勝から3戦連続Vがかかる笹生優花(ICTSI)は1イーグル、1バーディー、2ボギーの71で回って1アンダー。首位の葭葉ルミ(富士住建)に6打差の39位と出遅れた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 笹生は前半2、6番でスコアを落とし、ボギーが先行。しかし、7番をバーディーとすると、471ヤードの10番パー5では、残り約210ヤードの第2打を1メートル弱に乗せてイーグルを奪ってみせた。悪天候となったラウンドで以降はパープレー。「長い一日でした。それもゴルフかなと思います。今日はティーショットもよくなくて、練習場でもよくなかった」と振り返った。

 2時間超の中断中は「何も考えてなかったです。普通に座ってぶらぶらしてました」と淡々。ポジティブ思考を心がけながらプレーし、会見では落ち着いて受け答えに臨んだ。「いい事しか考えない。余計なことを考えないというよりは、プロとしてどうやったらいいプレーができるか考えていかないといけない。ボギーも、パーも、バーディーもゴルフ。たたいたからどうとかではなく、今日の目標に向けてやっていました。目標は予選通過と楽しんでやることです」とブレずに前を見据えた。

 日本人の父とフィリピン人の母を持つ2001年6月生まれの19歳。昨年11月のプロテストに合格し、プロ2戦目の国内ツアーで21世紀生まれ初の優勝者に。力強いショットや完成度の高いゴルフなどから“女ウッズ”の異名がつき、前週のニトリレディスも優勝。1988年のツアー制施行後では、10代の2戦連続優勝は宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3人目の快挙だった。

 うまくいかない日でも「あまりよくなかったのが楽しかったと思います、ミスすることもゴルフだから楽しい」と笑顔を見せた。初優勝から3戦連続優勝となれば史上初。首位と6打差だが「トップとの差はあまり考えていない。予選通過ギリギリなので、明日はそれを考えたい。毎回優勝するのは簡単ではない。そこまで自信はないので、今回は自分の目標の予選通過が大事。それを考えて明日は頑張りたい」と力を込めた。

 7アンダーの葭葉が単独首位。1打差の2位に田中瑞希がつけた。2打差の3位に山下美夢有。4アンダーの4位で吉川桃、蛭田みな美、サイ・ペイイン、岡山絵里、三ヶ島かな、福田真未、小祝さくら、アマチュアの和久井麻由が追う展開となった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集