[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4時間50分死闘の終盤に… 両者ヘトヘトの40秒超ラリーに大会公式「全て出し切った」

テニスの4大大会・全米オープン男子シングルスの試合で、4時間50分に及んだ死闘の終盤に40秒を超えるラリーが繰り広げられ、両者ヘトヘトになる場面が生まれた。最終セットに生まれた長いラリーを全米オープン公式が動画で公開すると、海外ファンからは「素晴らしいポイント」「フチョビッチ!!!」などと反響が寄せられている。

マートン・フチョビッチ【写真:Getty Images】
マートン・フチョビッチ【写真:Getty Images】

第5セットで繰り広げられたなが~いラリーとは…

 テニスの4大大会・全米オープン男子シングルスの試合で、4時間50分に及んだ死闘の終盤に40秒を超えるラリーが繰り広げられ、両者ヘトヘトになる場面が生まれた。最終セットに生まれた長いラリーを全米オープン公式が動画で公開すると、海外ファンからは「素晴らしいポイント」「フチョビッチ!!!」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 最終セットに一番しんどい場面が待っていた。世界ランク20位グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と同66位マートン・フチョビッチ(ハンガリー)の2回戦は、互いに2度のタイブレークを含め、2セットずつを取って第5セットにもつれ込む。3-1で迎えたフチョビッチのサービスゲームでなが~いラリーが始まり、両者はさらにヘトヘトとなった。

 前後左右、コート全面を両者が走り回るもなかなか決着がつかない。きわどい打球も、ギリギリで体を伸ばして拾い、後方へのロブショットにも追いついて背面打ちで返す。ラリーは40秒続いたが、最後は足の止まったディミトロフのリターンがアウトになり、ようやく終わった。ポイントを取ったフチョビッチも手を膝について疲れた表情。ディミトロフも疲労を逃がすかのように歩いていた。

 長いラリーの動画を、全米オープン公式ツイッターが公開。文面に「このポイントは全てを出し切った。しかし、試合と同様にマートン・フチョビッチが制した」と、フチョビッチがラリーにも試合にも勝利したことを伝えている。第5セットで両者がヘトヘトとなった“死闘”に、海外ファンからは「素晴らしいポイント」「フチョビッチ!!!」「グリゴールがコート上にいる時、常に魔法がかかる」などと労いの声が上がっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集