[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブルワーズの守護神ヘイダーが快挙 開幕から“12試合連続被安打0”のMLB新記録を樹立

米大リーグ、ブルワーズのクローザー、ジョシュ・ヘイダーが大記録を打ち立てた。2日(日本時間3日)のタイガース戦の9回に登板。1イニングを無安打無失点に抑え、今季9セーブ目。これが12試合目の登板だが、いまだに被安打0。開幕から12試合連続ノーヒットはMLB新記録だ。

ブルワーズのジョシュ・ヘイダー【写真:AP】
ブルワーズのジョシュ・ヘイダー【写真:AP】

今季は11回2/3で被安打0

 米大リーグ、ブルワーズのクローザー、ジョシュ・ヘイダーが大記録を打ち立てた。2日(日本時間3日)のタイガース戦の9回に登板。1イニングを無安打無失点に抑え、今季9セーブ目。これが12試合目の登板だが、いまだに被安打0。開幕から12試合連続ノーヒットはMLB新記録だ。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 3点リードの9回のマウンドに登場した左腕ヘイダー。先頭打者を死球で出したが、続く打者を一邪飛、二飛で2アウト。そして最後はレイエスに対して、外角高めに浮き上がるような95マイル(約153キロ)で空振り三振に切って取った。

 これで開幕から12試合連続での被安打無しというメジャー新記録を樹立。実際に最後を締めくくった場面を、MLB公式ツイッターは「MLB記録の12試合連続被安打無しでシーズンをスタート。ジョシュ・ヘイダーは絶好調」と称えている。

 また米スポーツ専門局「CBSスポーツ」でも「ブルワーズのジョシュ・ヘイダーが、開幕から12イニング被安打無しのMLB記録樹立」との見出しで速報。「ヘイダーは水曜日に完璧なイニングで1人から三振を奪った」と拍手を送った。

 2年連続で最優秀救援投手賞を受賞しているヘイダーは8月29日(同30日)のパイレーツ戦で5四球を連発。1死しか取れずに2失点という試合もあったが、今季は11回2/3を投げて、被安打0、奪三振18、防御率は1.54と驚異的な成績を残している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集