[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヤンキース右腕が新投法!? 91kmの“ずっこけ投球”に米反響「新スローボール様式だ」

米大リーグで投手が投球モーション中につまずき、ずっこけながら捕手のミットに届ける珍プレーが発生。57マイル(約91キロ)を記録した予想外の“幻惑投法”をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、米ファンは「新しいスローボールのスタイルだ」と苦笑いしている。

ヤンキースのマイケル・キング投手【写真:AP】
ヤンキースのマイケル・キング投手【写真:AP】

Wヘッダー第1試合の先発右腕キングにハプニング

 米大リーグで投手が投球モーション中につまずき、ずっこけながら捕手のミットに届ける珍プレーが発生。57マイル(約91キロ)を記録した予想外の“幻惑投法”をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、米ファンは「新しいスローボールのスタイルだ」と苦笑いしている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 まさかの1球で話題を呼んだのはヤンキースのマイケル・キング投手だ。メッツとの30日(日本時間31日)のダブルヘッダー第1試合、1-0とリードした3回1死一塁の場面だった。その初球。投球モーションに入り、左足を踏み出そうとすると、スパイクがマウンドに引っ掛かり、よろめいた。しかし、キングはボークを避けようと必死に投げた。57マイルのスローボールになったが、しっかりと捕手のミットに届かせてみせた。

 そのままキングは勢い余ってマウンドに手をつき、体を回転させるようにして、なんとか踏ん張ったキング。ボールとなったが、暴投にもさせずに“被害”は食い止めた。「Cut4」公式インスタグラムは「キング(王様)のようにごまかす」と名前にかけ、実際のシーンを動画付きで公開した。

 予想外の珍場面を目の当たりにした米ファンからは「新しいスローボールのスタイル」「57マイルだって」「あれ、怪我したか」「う~ん、あんまりごまかせてないかな」「自分のシューズにケチつけてる」と様々な声が上がっていた。

 16年ドラフト12巡目でヤンキース入りした25歳のキングは昨季メジャーデビュー。変則シーズンとなった今季はメジャー初勝利も挙げている。この日は4回途中2失点で勝ち負けこそ付かなかったが、まさかの1球で予期せぬスポットライトを浴びていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集