[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦が先送りになったワケ カシメロ母国識者が推測「アラムが井上を守った」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、9月26日に行われる米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の興行に出場することが決定。次戦での井上尚弥(大橋)との3団体統一戦は事実上消滅した。フィリピンの識者はその理由として、米国への渡航宣言ともう1つの理由を推測している。

井上尚弥【写真:小倉元司】
井上尚弥【写真:小倉元司】

フィリピンの専門家が指摘する、渡航制限以外の理由

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、9月26日に行われる米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の興行に出場することが決定。次戦での井上尚弥(大橋)との3団体統一戦は事実上消滅した。フィリピンの識者はその理由として、米国への渡航宣言ともう1つの理由を推測している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 当初は4月25日に米・ラスベガスで予定されていた3団体統一戦。しかし新型コロナ禍の影響で延期となり、結局カシメロは次戦ではPBCの舞台に立つことになった。

 フィリピンテレビ局の「ABS-CBN」は「アラム氏はイノウエをカシメロから守ったと、専門家が指摘」と見出し付けして、今回の対戦が実現しなかった理由を推測している。

 記事によると、井上をプロモートするトップランク社は、渡航制限が理由でカシメロ戦が行われなくなったと説明したという。だが同局のボクシングニュース解説員のエド・トレンティーノ氏はこの試合が行われなかった理由は他にも存在すると指摘している。

「私の考えでは、ボブ・アラム氏はただイノウエを守ったんだと思う。ノニト・ドネアはイノウエに負けた。しかし、素晴らしい試合をしたし、イノウエが無敵であるというイメージを無くした」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集