[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョセフ日本、4万3621人の前で課題残した「規律」の徹底「自分の仕事に徹すべき」

ラグビー日本代表は4日、「リポビタンD チャレンジカップ2017」で世界ランキング3位のオーストラリア代表と対戦(日産スタジアム)し、国内の日本代表戦史上最多となる4万3621人の観客が詰めかけたが、30-63で完敗した。

国内史上最多観衆の前で63失点完敗、ジョセフHC「前半は自分たちのゲームができず…」

 ラグビー日本代表は4日、「リポビタンD チャレンジカップ2017」で世界ランキング3位のオーストラリア代表と対戦(日産スタジアム)し、国内の日本代表戦史上最多となる4万3621人の観客が詰めかけたが、30-63で完敗した。

 日本は前半5分の先制トライを皮切りに、オーストラリアに計5トライを決められ、前半を終えて3-35と大きくリードを許す展開となった。

 後半、4分に初キャップのヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)のトライ、9分には松田力也(パナソニック)のペナルティゴールが決まるなど反撃に出るが、その後、オーストラリアに4トライを決められ、再び引き離された。日本はラストプレーで、こちらも初キャップの姫野和樹(トヨタ自動車)が猛進し、トライを奪取。スコアは33点差をつけられたが、後半は27-28と1点差。スタジアムは歓声に沸いた。

 2年後に19年ワールドカップ日本大会を控える日本代表。16年9月からチームの指揮を執るジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)は試合後、「前半は規律が守れず、スクラムも劣勢になるなど、自分たちのゲームができず苦しいスタートとなった」と振り返る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集