[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花、21世紀生まれ初V「最後はびびった」 師匠尾崎将司は「褒めてくれるかな」

女子ゴルフの今季国内ツアー2戦目・NEC軽井沢72の最終日が16日、長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と1打差の3位で出た笹生優花(ICTSI)が1イーグル、7バーディー、ボギーなしの大会コース記録「63」で回り、通算16アンダーでツアー初優勝。19歳のルーキーがプロ2戦目の国内ツアーで栄冠を手にし、21世紀生まれの選手としても初優勝となった。優勝会見では、初々しく心境を明かした。

21世紀生まれ初Vの笹生優花【写真:Getty Images】
21世紀生まれ初Vの笹生優花【写真:Getty Images】

NEC軽井沢72最終日、19歳新人・笹生優花「泣いてはないです」

 女子ゴルフの今季国内ツアー2戦目・NEC軽井沢72の最終日が16日、長野・軽井沢72G北C(6710ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と1打差の3位で出た笹生優花(ICTSI)が1イーグル、7バーディー、ボギーなしの大会コース記録「63」で回り、通算16アンダーでツアー初優勝。19歳のルーキーがプロ2戦目の国内ツアーで栄冠を手にし、21世紀生まれの選手としても初優勝となった。優勝会見では、初々しく心境を明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 圧巻のバーディーラッシュを見せた笹生が喜びを語った。「凄く嬉しいです。昨日はティーショットがあまりよくなかったので、そこで練習場で自信を取り戻したのがよかった。(優勝を意識したのは)18番ですね。泣いてはなかったです。嬉しいので泣いてないです」。19歳57日での初優勝はツアー史上7番目の年少記録。こう続けた。

「緊張する方なのでずっと緊張はしていましたけど、キャディーさんと話をして自分のプレーに集中するようにしていました。最終パットはビビッて緊張していた。ホールの縁を1周して、やばいという感じだった。入ってよかったです。まだ1勝した感じが自分の中に入ってきた感じがしない。嬉しいのかな。もう少し時間が経ったら実感が出てくると思います」

 笹生は日本人の父とフィリピン人の母を持つ2001年6月生まれの19歳。5歳から日本で暮らし、フィリピンに戻った8歳から父の影響でゴルフを始めた。14歳で出場したフィリピンのプロツアーで優勝。18年ジャカルタ・アジア大会ではフィリピン代表として金メダルを獲得し、昨年オーガスタ女子アマでは安田祐香(NEC)とともに3位に入った。

 昨年11月のプロテスト合格後から国内男子最多94勝の尾崎将司に師事。6月末の開幕戦アース・モンダミンカップでも首位発進し、最終的に5位に入った。ジャンボ尾崎に吉報を届けたが「どうやって報告するかわからないし、何を言われるかわからない。褒めていただけるかなと思います」と笑った。

 渋野日向子ら1998年度生まれの「黄金世代」が多く活躍する国内ツアーだが、安田ら逸材の多い2000年度生まれの「プラチナ世代」よりもさらに1つ下の学年。「世界一」を目標に掲げる期待の星。「夢は最初からアメリカで戦って世界一になること。何勝できるかわからない中で1勝できた。自分の持っているもの以上に頑張りたい」と将来を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集