[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に相手変更の可能性 アラム氏がカシメロに警告「報酬減額に応じなければ…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期状態となっている。井上が契約する米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOはカシメロ陣営に対し、「イノウエのように減額を受け入れなければ、ジェイソン・マロニー対イノウエ戦だ」と警告。コロナ禍で入場料収入が減少する現状で、ファイトマネーの減額に応じない場合、WBO1位とのマッチメイクに移行する可能性を示唆している。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

ジェイソン・マロニーとの対戦の可能性が浮上した井上尚弥【写真:荒川祐史】
ジェイソン・マロニーとの対戦の可能性が浮上した井上尚弥【写真:荒川祐史】

コロナ禍での開催でアラム氏はファイトマネー減額を要求

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期状態となっている。井上が契約する米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOはカシメロ陣営に対し、「イノウエのように減額を受け入れなければ、ジェイソン・マロニー対イノウエ戦だ」と警告。コロナ禍で入場料収入が減少する現状で、ファイトマネーの減額に応じない場合、WBO1位とのマッチメイクに移行する可能性を示唆している。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 4月25日に開催予定だった3団体統一戦は延期状態が続いている。5か月以上米国で合宿を続けるカシメロに対して、井上は日本国内で調整しており、試合期日の発表が待たれている。

 記事によると、アラム氏は井上が米国大使館を訪問することを明らかにした上で「彼はビザは許可されているが、最後の面接を受けなければならない。ビザが下りれば我々はここに連れてくる」と語ったという。

 だが、対戦相手がカシメロではなくなる可能性を示唆したという。

「私にはわからない。好況時に設定したファイトマネーについて、カシメロと再び話し合わないといけない。日本のハイローラーがやってきて、試合を観戦すれば、ホテルやカジノから十分な資金を手にできたが、それは以前の話だ」

 アラム氏はこう語ったという。新型コロナ禍でトップランク社は興行を再開したが無観客。入場料収入に影響している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集