[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

開幕戦に登場 “時の人”の大暴投始球式に米喝采「今年80歳だぞ!アメージングだ」

米大リーグは23日(日本時間24日)、ナショナルズ―ヤンキース戦で開幕。新型コロナウイルスの影響で遅れていたが、4か月遅れでオープニングゲームを迎えた。始球式を務めたのは米国の感染症の権威で、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長を務めるアンソニー・ファウチ氏。結果は大暴投だったが、米ファンからは拍手が沸き起こっていた。

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長を務めるアンソニー・ファウチ氏【写真:AP】
米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長を務めるアンソニー・ファウチ氏【写真:AP】

感染症の権威ファウチ氏が始球式に登板

 米大リーグは23日(日本時間24日)、ナショナルズ―ヤンキース戦で開幕。新型コロナウイルスの影響で遅れていたが、4か月遅れでオープニングゲームを迎えた。始球式を務めたのは米国の感染症の権威で、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長を務めるアンソニー・ファウチ氏。結果は大暴投だったが、米ファンからは拍手が沸き起こっていた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 開幕戦のまっさらなマウンドに上がったのは小柄な79歳だった。ナショナルズのキャップ、ユニホームに赤いマスクを着用したファウチ氏。振りかぶって投じた1球はホームベースから大きく一塁側にそれ、コロコロと転がる大暴投。捕手役も捕球を諦めたほどだった。

 実際の始球式の映像を投稿したのは、名物セレブのロブ・フリードマン氏。SNS上で投手を様々な形で分析し、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされる同氏がツイッターに公開しているが、600万回を超えて再生されるなど大反響を呼んでいる。

 米国の感染症対策を長き渡り牽引し、コロナ禍にあっても率直な物言いで、現在米国で多くのファンを獲得しているファウチ氏。“時の人”の始球式は大荒れだったが、野球ファンは拍手を送っている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集