[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦への“割り込み”NG WBO1位のアピールをカシメロ陣営却下「起こり得ない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となっている。この状況で、WBO1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)は井上に割り込むようにして、カシメロとの対決を熱望していたが、カシメロのプロモーターは「ゼロチャンス」と一蹴。あくまでに井上戦にこだわる姿勢を示した。地元紙「フィリピンスター」が報じている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

カシメロ陣営は強調、マロニーとの対戦は「起こり得ない」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となっている。この状況で、WBO1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)は井上に割り込むようにして、カシメロとの対決を熱望していたが、カシメロのプロモーターは「ゼロチャンス」と一蹴。あくまでに井上戦にこだわる姿勢を示した。地元紙「フィリピンスター」が報じている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 4月25日にラスベガスで行われる予定だった3団体統一戦。新型コロナウイルスの影響で延期状態となっているが、米興行大手・トップランク社と契約するマロニーは、6月25日にラスベガスで行われた同級5位レオナルド・バエズ(メキシコ)戦で7回終了TKO勝ちを収め、WBO1位に浮上していた。

 米国で5か月間も合宿を続けているカシメロに対して、マロニーは自身と対戦するように割り込み要求していた。

 だが、カシメロのプロモーターのショーン・ギボンズ氏はマロニーとの試合について、「ノーだ。それは起こり得ない。当分の間は」と語り、「カシメロの代わりに話すが、起こり得ない。ゼロチャンスだ」と挑戦状を跳ね除けたという。

 また記事では、井上のビザ取得まではあと一歩の状況だと伝え、「イノウエがファイトのために(米国に)到着するという、最後のステップをギボンズ氏は待っている」と報じている。

「これが計画されたカシメロ対マロニー戦が一瞬でボツになった理由だ」と同紙は分析。3団体統一戦は実現に向けて、徐々に進んでいる様子だ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集