[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「俺は井上尚弥のファンだ。だけど倒す」 WBO1位が語る野望「階級の世界一に」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となっている。延期が長引く状況で、WBO同級1位ジェイソン・マロニー(豪州)は井上、カシメロの両者との対戦を希望。「もし彼(井上)と戦う機会を得たら、倒す。俺はこの階級のNo.1になりたいんだ」とも豪語しているという。米メディアが伝えている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

WBO1位マロニーが井上、カシメロとの対戦を希望

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となっている。延期が長引く状況で、WBO同級1位ジェイソン・マロニー(豪州)は井上、カシメロの両者との対戦を希望。「もし彼(井上)と戦う機会を得たら、倒す。俺はこの階級のNo.1になりたいんだ」とも豪語しているという。米メディアが伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「ジェイソン・マロニーが目標を語る『カシメロ、イノウエと戦いたい。世界一になりたい』」との見出しで記事を掲載したのは、米専門メディア「ボクシングインサイダー」だった。

 井上とカシメロの3団体統一戦は、4月25日にラスベガスで行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期状態となっている。この状況に着目したマロニーは海外メディアを通じ、カシメロに対して自身と対戦するように“割り込み”を呼び掛けていたが、今回はWBOのベルトを奪取した後に、井上との対戦を希望していることが報じられている。

 記事によると、マロニーは井上について「俺はイノウエを倒せる。俺はそこまで彼が素晴らしい選手だとは思わない」としながらも、敬意を込めてこう続けているという。

「でも誤解しないでくれ。俺は彼の戦いを何年間も見てきた。そして俺は彼のファンだ。だけど、俺はイノウエを倒せると信じている。もし彼と戦う機会を得たら、倒す。俺はこの階級のNo.1になりたいんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集